福岡市に本社を置く株式会社リクリエは、民泊運用代行サービス「AirbAgent」(エアビーエージェント)を2016年5月26日より開始したことを発表した。

昨今、訪日外国人の数が急速に増え、全国的に宿泊施設不足が問題となっている。その打開策として民泊の活用が注目されており、全国各都市に民泊が増えている。民泊の増加と並行して増えているのが民泊代行サービスだ。

民泊の運用には、問い合わせ対応やチェックアウト後の清掃作業などその作業内容は多岐にわたる。

これらの作業を行う民泊代行サービスも民泊と同様に増えている一方で、企業の大半は東京や大阪などの大都市が中心で、福岡などの都市ではまだまだ少ないのが現状だ。

このような背景を受け、リクリエは福岡を中心に民泊運用代行サービス「AirbAgent」の提供を開始。民泊を通じて空き家や空き部屋の有効活用と共に不動産の新たな価値を創出していくという。

 

■「AirbAgent」サービス概要
サービス名: AirbAgent(エアビーエージェント)
URL: https://www.airbagent.com/
開始日: 2016年5月26日
サービス内容:

・インテリアデザイナーによる内装設計
・カメラマンによる写真撮影
・ハウスマニュアル作成
・Airbnbページ作成
・上位表示対策
・宿泊料金の最適化
・メールの多言語サポート
・チェックイン・チェックアウト対応
・清掃代行
・レビュー管理

■会社概要
社名: 株式会社リクリエ
所在地: 福岡県福岡市博多区上牟田1-28-16
設立: 2016年2月26日
代表者: 代表取締役 中西孝行
事業内容: 民泊運用代行サービス等

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社リクリエ 広報担当
092-292-8248
info@reqrea.co.jp

 

AdobeStock_56379840