Airbnbの新機能「補助ホスト」を有効活用して負担を軽減

「ホスティングを誰かに手伝ってもらいたい時がある」、「家族や友達みたいに、信頼できる誰かにメッセージやチェックインなんかを任せられたら最高なのに」そんなホストからの意見を反映してリリースされたのが「補助ホスト」というAirbnbの新機能だ。

従来、Airbnbのリスティング作成を誰かに手伝ってもらいたいそんなときは、IDとパスワードを知らせて対応してもらう方法しかなかったが、「補助ホスト」機能を利用することで、自分のアカウントにアクセスされることなく、家族や信頼できる友人にホスティング業務だけ手軽に分担できるようになる。

「補助ホスト」を利用することで、お部屋の掲載、料金設定とカレンダー、ゲストとのメッセージ対応、チェックインの立会い、清掃業者の手配、アメニティの補充などの各タスクを家族や信頼できる友人と分担して行うことができるようになる。

身近に手伝ってもらえるようなAirbnbのプロがいなくても大丈夫。手伝いをお願いしたいお部屋の住所を入力するだけで、補助ホストとして対応してもらえるスーパーホストとコンタクトを取ることが可能だ。

大まかには以下の手順で信頼でいる補助ホストを探すことができる。

  1. ホストを探す
    物件住所を入れるだけで対応可能なスーパーホストがピックアップされる。
  2. 見積もりをもらう
    何人かの補助ホストに連絡をとって、予算とお願いしたいタスクについて相談する。
  3. 補助ホストを選ぶ
    見積もりとお願いしたいタスクから総合的に判断して補助ホストを決める。
  4. ゲストがお部屋を予約
    補助ホストを選ぶとそのホストのダッシュボードにリスティングが追加される。

 

補助ホストができるタスクの範囲

補助ホストに選ばれた人には、すべてのページに対してアクセス権限が付与されるわけではない。受取口座情報や個人情報などにはアクセスできないようになっており、もし何かあった場合は、リスティングの管理者として、いつでも補助ホストを解任できる。補助ホストができるタスクの範囲は以下の通りになる。

  • 予約を承認、却下、キャンセル、変更する
  • メッセージを読む&返信する
  • 料金と空室状況を編集する
  • リスティングの内容を編集する(料金設定、写真など)
  • カスタマーサービスとのやりとりを代理で行う

 

補助ホストの料金

補助ホストを探してスーパーホストに依頼する場合、お願いしたいタスクと費用をお互い話し合って決めることになる。

料金の目安は売り上げの10-20%になるが、具体的な料金は、お願いしたいタスクのボリュームによって異なる。見積もりは無料でできるので、まずは問い合わせをしてみるというのも手だ。

 

補助ホストを招待するには

身近に手伝ってもらえるようなAirbnbのプロがいる場合は、メールアドレスを入力することで、補助ホストに招待することができる。具体的には以下の手順で招待が可能だ。

  1. 「リスティングの管理」へ
  2. 編集したいリスティングで「リスティング&カレンダー管理」をチェック
  3. 画面左からメニューを開く
  4. 「管理」のところで「補助ホスト」を選択
  5. 招待したい人のメールアドレスを入力し送信

 

補助ホストを探すには

身近に手伝ってもらえそうなAirbnbのプロがいない場合は、こちらから物件の住所を入力するだけで、簡単に、対応可能なスーパーホストを選ぶことができる。何人かのホストに見積もりをお願いするのがベストだ。