レビューの自動化でリスティングの稼働率を上げる!

もしもあなたが民泊を利用するなら、どうやって宿泊先を決めるでしょう?料金や間取り、周辺施設など様々な要素を考慮して検討しまうが、最後の決め手となるのはやはり「レビュー・評判」ではないでしょうか。

短期間とはいえ見ず知らずの人の家に泊まるのですから、何かあってからでは大変ですよね。そこで重要になってくるのが「レビュー」です。「たかがレビューなんて…」と軽んじているは場合ではないかもしれません。現代人にとって「レビュー」は生活に大きく関わっていると言えるのです。

オフライン・オンラインに関わらず、物やサービスを購入する際に多くの人が「レビュー」を確認しています。

「どこのお店でランチしよう?」
「この漫画は面白いのか?」
「この会社の評判はどうだろう?」

どんな時でも判断基準の一つとして「周りの意見」を参考にしてしまいますよね。Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊サービスでも同様にレビューがとても大切になってきます。

 

レビューが多いほど稼働率は上がる?

Airbnbを初めとする多くの民泊仲介サイトではレビュー機能が導入されています。レビュー機能はホストとゲスト双方からの信用を高める重要な要素として、予約時の大きな判断基準になっていると同時に、レビュー数の多い物件ほど稼働率が高い傾向にあります。

実際Airbnbの公表データによるとホストが多くのレビューを受け取れば受け取るほど、ますますリスティングが予約される可能性は高くなります。特に10件以上のレビューを持つホストは、リスティングが予約される可能性が10倍高くなるといいます。

ではどうすればレビューを書いてもらえるのでしょうか?もっとも効果的なのはホストから先にゲストに対してレビューを残すことです。

レビューを頻繁に書くホストは、ほとんど書かないホストに比べて受け取るレビュー数が多い傾向があることが分かっています。つまり、ゲストに対するレビューを書くことがリスティング稼働率を上げるための非常に重要な要素と言えるのです。

 

日本初、レビュー自動化ツール登場

上述の通りレビューはゲストのチェックアウト後に残すと良いです。しかし、ゲストの予約数が多ければ多いほど、管理物件が多ければ多いほど、すぐにレビューを書く時間を取れないなど、レビューをベストなタイミングで書くことは簡単なことではないと感じている方も多いはずです。

だからと言って片手間で書いたことがゲストに伝わってしまってはお返しレビューはもらえないかもしれません。

そこで今回は、民泊データ分析を手がける企業メトロエンジン社のレビューツール「メトロレビュー」を紹介します。メトロレビューを利用すれば面倒なレビュー作業に時間を取られることはありません。

 

メトロレビュー4つの魅力

・レビュー機能を完全自動化
複数のリスティングを運営している場合や、チェックアウト後の送信時間の微調整、評価星の数の設定など細かい設定が可能なので、ゲストに自動送信を感じさせない自然なレビューが可能です。この機能を上手に使えば、同じゲストが他物件に宿泊した際にも前回とは違ったレビューが届くようになると同時に、レビューの送り忘れを未然に防止する効果もあります。

・複数言語に対応
レビューで最も手間がかかることが外国語の翻訳です。民泊はその性質上外国人客も多くも利用します。メトロレビューを使えば主にコミュニケーションをとっていた言語でのレビュー送信となりますので、違和感のないレビューを送信することが可能になります。
※翻訳してくれるのでしょうか?

・変数の利用で一括対応が可能
”変数”機能を利用すれば、物件名やゲスト名などをゲストに合わせて変換するので無機質で単調なレビューを防止してくれます。事前に変数付きのテンプレートを作成しておけば、そのあとは自動で変換してくれるので手間もかかりません。

・予約・編集の操作が簡単
好きなタイミングでレビュー文章のテンプレートを変更・編集が可能。しかも操作がとても簡単です。

 

今回はレビューを書くことの大切さ、レビューを書くことの難しさ、そしてレビューを効率よく書くツール「メトロレビュー」にスポットライトを当てて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

「レビューを書くのって面倒だな~」なんて思っていた人もメトロレビューを使えば「自分にもできそう!」と思えたと思います。利用を迷っている人も、百聞は一見に如かず!一度利用してみてその便利さを肌で感じてみると良いのではないでしょうか。