Airbnb、中国事業トップにFaceBook・Google出身者を登用

Airbnb Chinaは、中国での事業を牽引するトップ、ヴァイスプレジデントにGe Hong(葛宏)氏を任命したとChinaTechNewsなどの中国メディアが報じた。葛宏氏は、清華大学とイエール大学を卒業後、FacebookやGoogleに在籍、製品やテクノロジーに関連する業務を担い、その後、2016年にAirbnbに入社し昨年シリコンバレー出身のエンジニアらを率い、中国でテクノロジーチームを結成していた。

中国の短期滞在型市場は、2017年に125億2千万人民元(約2,026.5億円)まで膨らむと考えられている。それに先立ち、Airbnbは事業戦略を修正し、国外旅行者にブランドを認知させることから、テクノロジーと製品チームの拡充へと焦点を移行、中国における同社の立場をより一層強固なものにすることを目指している。

これまでにもGoogleやUberなど、外国企業が中国市場への参入を試みたが、なかなか支持を得られず、苦戦している。Airbnbは、昨年、中国での事業規模を3倍にすると発表し、中国市場に特化したサービスの開発や、WeChat Pay(微信支付)や Alipay(支付宝)など現地でなじみのある決済方法も採用した。今後もさらに中国市場に適したオペレーションを展開し、その動きを加速させていく。

市場調査企業 Analysis International(易観国際)のアナリスト Zhu Zhengyu(朱正煜)氏によると、これまでAirbnbは、効率的なローカライズの欠如、提供住宅の不足、限られた決済手段といったことが原因で、中国というビッグマーケットに思うように進出できずにいた。そして、現地ライバル企業のTujia(途家)やXiaozhu(小猪)に遅れを取っている。Ge Hong氏をトップに据えることで、巻き返しを図ると考えられている。

また、Airbnbは、アパートレンタルプラットフォームのTujiaと資本提携に向けて話し合っているのではないかという噂が流れている。これが実現すれば、Airbnbは中国で非常に多くの住宅を傘下に収めることができる。また、TujiaもAirbnbの国際的な知名度、影響力を活用して、世界にその名を知らしめることが可能になる。

Tujia の CEO であるLuo Jun(羅軍)氏は、3月のニュースカンファレンスで、Airbnbとの資本提携についてノーコメントとしつつも、皆にサプライズを予定しているとも発言した。

また、Tujiaは、3月23日のニュースカンファレンスで、同社の住宅データをMayi(螞蟻短租)、Ctrip、Elong(芸龍)、Qunar(去哪兒)、58(58同城)、Ganji(赶集)など7社のオンラインプラットフォーム企業と共有し、緊密に連携すると発表した。これらのプラットフォームは、短期滞在住宅レンタル企業を抱えている。