Airbnb、韓国の江原道と2018年冬季オリンピックで提携

民泊マーケットプレイスの世界最大手であるAirbnb(エアビーアンドビー)は、2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック大会前後のツーリズムの促進を目指し、開催地となる韓国・江原道(カンウォンド)と提携を発表した。

2017年1月5日、Airbnbで公共政策部門の責任者であるクリストファー・レヘイン(Christopher Lehane)と崔文洵(チェ・ムンスン)道知事の間で覚書(MOU)を交わし、両者は、江原道の魅力を世界に発信するために協力する。

冬季オリンピック観戦のために海外から50万人の観戦客が訪れると見込まれるなか、Airbnbホストは、国内外のビジターに対し本格的かつ手頃な料金の宿泊の選択肢を提供するうえで重要な役割を果たすことになりそうだ。

MOUでの両者の合意事項

  • Airbnbのグローバルプラットフォームを介し、ツーリズムの促進と現地のツーリズム経済の成長支援。
  • 2018年冬季オリンピック大会期間中のビジター流入に対応するために宿泊支援を行う。
  • 既存/潜在のホストに基本的なトレーニングと資料を提供する。

 

クリストファー・レヘイン氏は今回の提携について次のように述べている。「2018年冬季オリンピック大会でのホームシェアリングの提供に向けて、江原道と協力できますことを光栄に思います。江原道は豊かな文化の歴史を持つ地域であり、Airbnbでは、平昌、旌善(チョンソン)、江陵(カンヌン)の3つの開催都市および江原道の村々の魅力を韓国内外のビジターに発信するうえで積極的な役割を担っていきたいと考えます。」

これに応えるような形で、崔道知事も次のようなコメントを寄せている。「今回のMoU締結によって、2018年平昌冬季オリンピックの宣伝、江原道のツーリズムマーケティング、および農村部の宿泊施設の質の向上が実現し、オリンピック用の宿泊場所不足の解消と地域ツーリズムの促進に向けた力につながることを期待しています。」