Airbnb、米ポートランドでも複数の物件貸出を禁止へ

バケーションレンタルEXPO

民泊仲介サイト大手のAirbnbは、アメリカオレゴン州ポートランドでも「ワン・ホスト、ワン・ホーム」“one host, one home”を適用し複数物件の掲載を禁止することを発表した。

これは1人のホストが複数の賃貸物件を掲載することを制限するもの。Airbnb上で民泊物件として掲載する目的でホストが複数の住宅を購入するのを防止する意図がある。昨年は、サンフランシスコやニューヨークでも「ワン・ホスト、ワン・ホーム」を開始しており、ポートランドはこれに続く都市となる。

 

「ワン・ホスト、ワン・ホーム」とは

ワン・ホスト、ワン・ホームとは、カリフォルニア州サンフランシスコ、オレゴン州ポートランド、ニューヨーク州ニューヨーク市において、一人のホストが複数の住所のリスティングを持つことを制限するポリシーのこと。

仮に対象都市において別の住所のリスティングを公開しようとした場合、そのリスティングを削除をするよう求められることになる。

既に持っている住所に新たなリスティングを加える場合、住所が完全に一致していなければならない。例えば、現在のリスティングが”123 Main Street”であるなら、新たなリスティングも”123 Main Street”と記載する必要がある。”123 Main”や”123 Main St”としても掲載できないようになっている。

なお、複数の物件を掲載する正当な理由があるホストであれば、サンフランシスコ、ポートランド、ニューヨーク市においても複数の住所のリスティングをもつことが許可される場合もある。

例えば、長期の賃貸 (30泊以上)をするホスト 、ライセンスを持つホテルと朝食付き民宿 (B&B) やこれに類するもの、自己の責任おいて他のホストを支援するホストなどがこれに含まれる。このような状況が当てはまる場合、免除の審査要請を行うことができる。

例外の特例なしでホストがサンフランシスコ、ポートランド、ニューヨーク市において複数の住所でリスティングを管理しているとAirbnbが判断した場合、リスティングとアカウントを一時停止、あるいは利用停止にする可能性があるとのこと。

バケーションレンタルサイトには世界最大手と言われるAirbnb以外にも複数のプラットフォームがあるが、Airbnbは特に先進的な取り組みを行っていると言える。

《関連サイト》
Airbnb “One Host, One Home in Portland”