Airbnb、スウェーデンの国全体を掲載、その中身とは?

スウェーデンの公式観光機関Visit Swedenは、世界最大手民泊マーケットプレイスを運営するAirbnbと提携し、国全体をAirbnbのリストに掲載することを発表した。

今回の提携により、最南端のスミーガフック岬から北部3国国境付近の荒野まで自然豊かなスウェーデンの素晴らしい自然をAirbnbから検索できるようになっている。今回の提携は、国の公式の観光組織とAirbnbが協力するというこれまでにない種類のパートナーシップとなる。

スウェーデンでは「自然享受権」がすべての人に保証されており、個人が所有する非公開の庭や作物が植えられている耕作地でない限り、誰でも自然野中に立ち入り散歩やサイクリング、キャンプなどを行うことができる。

スウェーデン語では「自然享受権」は、「万民のもの」を意味するAllemansrätten(アッレマンスレット)と呼ばれ文字どおりすべての人に対して与えられる。またこの権利はスウェーデンに住む人に限らず、旅行者にも土地に損害を与えたり環境を破壊したりすることでない限り認められている。

上記ページについてはAirbnbの検索結果ページに近い作りとなっているがそのリンク先となるリスティングページでは宿泊の予約は行うことはできない。あくまでもスウェーデンの自然について紹介するページになっているようだ。

 

Visit Swedenとは

Visit Swedenとはスウェーデンの観光振興とイメージアップのためにさまざまな情報を発信する組織。スウェーデンの魅力を高め、海外からより多くの観光客にスウェーデンを訪れてもらうことを使命とし、国内の各地方や観光業界に携わる企業や組織と協力関係を結んでいる。

また「観光業界以外にもさまざまな組織と連携してマーケティング活動やコミュニケーションキャンペーンを企画し、観光地としてのスウェーデンの知名度や注目度アップを図っている。

Visit Swedenは現在、世界10カ国に活動拠点を置き、特にターゲットとする層を「グローバルトラベラー」と定義し、各国駐在の組織と一体になって幅広いコミュニケーション活動を展開している。