Airbnbホストなら承認率は75%以上を絶対に目指す

Photo by GotCredit

Airbnbの検索結果で上位表示する方法のひとつとして、「承認率」があるのをご存知でしょうか?

承認率とは、過去1年間に承認した予約リクエストの比率と事前承認した予約問合せの比率、その両方を合わせたものです。

たとえば過去1年間で受け付けた予約リクエストが10件、予約問い合わせが20件だったとします。リクエストのうち5件を承認し、問い合わせのうち10件には事前承認、2件にはスペシャルオファーを送ったとすると、その場合の承認率を求める式はこうなります:

(リクエスト承認5 + 事前承認10 + スペシャルオファー2)÷ リクエストと問い合わせの総数35=

つまり承認率は48%になります。

ホストであれば、承認率75%以上を最低でもクリアするように意識すべきです。

 

日ごろから気をつけるべきこと

承認率の計算方法は上記のように複雑です。この計算式を意識するといった難しいことはあまり考えず、以下の最低限守らなければならないことを意識して毎日のゲスト対応を行えば大丈夫です。

[box type=”success” align=”aligncenter” class=”” width=””]・ゲストから初回問い合わせが来た場合は、24時間以内に必ずアクションをする。
・泊めたくなゲストが来た場合は、「却下」を押してメッセージを入れる。そのままにしない。[/box]

初回問い合わせがゲストから来た場合、24時間以内にアクションするという点は、承認率を上げるためではなく、返答率、返答時間を上げるために重要な指標になってきます。

 

Airbnbの返答率と返答時間とは?

プロフィールに表示される「返答率」「返答時間」は、承認率同様、Airbnb上でお部屋を上位表示させるために重要な指標になります。

返答率および返答時間の算出根拠となるゲストからの問い合わせは、すべてのメッセージが対象になるわけではなく、ゲストとホストの一番初めのやりとりのみになります。

ゲストとのやりとりはかならずホストからの返信で締めくくらなければならないというわけではありません。

返答率、返答時間の対象となる初回メッセージは以下の通りです。
・予約リクエストの承認あるいは却下
・予約リクエストを送ってきたゲストにメッセージで返信
・予約の問い合わせを受けた内容で事前承認あるいは却下
・予約の問い合わせを送ってきたゲストにメッセージで返信