転貸許可物件をご自身でお探しするのは門前払いとなり困難を極めることは、過去に不動産会社にお問い合わせしたことがある方々であればご存知かと思います。

そんなお悩みを抱える皆様に、転貸許可物件をご紹介するサービスをスタートさせていただきました。

お問い合わせをいただいたお客様には、本メディア提携先をご紹介させていただきます。

※不動産会社様のお問い合わせはご遠慮いたしております。

 

民泊の無断転貸は非常に高リスクな時代に

Airbnbは2016年1月現在日本国内で3万件を超える物件が登録されていますが、そのほとんどがオーナーさんに無許可でAirbnbをやっていると言われています。

しかし2016年には特区民泊がスタートするなどでテレビでの露出が増え、「民泊」の認知度が飛躍的に上昇。Airbnbを無断転貸で行っていた人が、相次いで撤退に追い込まれている事実が多数発生しています。

Airbnbをはじめとする民泊の認知率が急上昇している今、今まで無断転貸で運営をしてきたAirbnbホストは今後さらに撤退リスクが高まると考えて間違いないでしょう。

 

民泊撤退リスクを減らす「転貸許可物件」とは?

Airbnbなどの民泊の撤退リスクを減らすために重要になってくるキーワードが「転貸許可物件」です。

ご自身が物件のオーナーであれば問題ありませんが賃貸物件でお部屋を借りてAirbnbを行う場合、
一般的には賃貸借契約の中で第三者への転貸は禁止されています。

転貸許可物件とは、文字通り転貸を許可している物件で、
無許可で行うよりはリスクを抑えてAirbnbをはじめることができます。

 

許可物件をお探しの方はお問い合わせを

お問い合わせをいただいたお客様には、弊社提携先をご紹介させていただきます。