Airbnbで1位表示?Airbnbのパーソナライズ検索機能に注意!

Airbnbの検索結果で自分のリスティングが1位に表示されている!と喜んだ経験はありませんか?

それはAirbnbの「パーソナライズ検索」によるあなた専用の検索結果でだけ1位に表示されているだけで、たんなるぬか喜び出る可能性が高い。

今回の記事では、Airbnbの「パーソナライズド検索」を理解し、正しい検索順位を把握する方法をご紹介。特に「 SEOなんて不要!うちはAirbnb検索1位だから」と考えているホストは必読だ。

 

パーソナライズ検索とは

パーソナライズ検索とは、ゲスト自身の好みにあわせてカスタマイズされた検索結果のこと。つまり「あなた専用の検索結果」ということだ。

パーソナライズ検索自体は珍しいものではない。Webサービス上では、個人の興味の対象や行動の履歴に応じて、サービスやコンテンツを提供する意味合いで利用されている。

例えばアマゾンでは「閲覧履歴からのおすすめ」モジュールで、一人一人の閲覧履歴にあわせておすすめ商品を表示しているし、Googleではそれを検索機能に導入し、検索結果を個人向けにカスタムしている。

筆者のAmazonトップページは以下のように、Airbnb関連で調達している業務用ホテル備品が並んでいる。

amazon

 

便利ではあるが、落とし穴がある。

どんな要素がパーソナライズの検索結果に影響を与えるか、明確なことはAirbnbからは開示されていないためわからない。様々なデータからAirbnbが総合的に判断し一人ひとりにカスタマイズした検索結果を表示している。

ただ一つ言えるのは、パーソナライズ検索結果には「リスティングの閲覧履歴」が大きく影響しているということだ。つまり、何度も見るリスティングページが検索結果で上位に表示されやすくなる

Airbnbホストが何度も見るリスティングページとは、ご自身が公開しているリスティングページだ。Airbnbはこの「リスティングの閲覧履歴」データをもとに検索結果をカスタマイズしてしまう。

結果、ご自身のリスティングページがAirbnb1位で表示されるという結果を生み出すのだ。ご自身のリスティングの順位を把握する際には、必ず「パーソナライズ検索」を無効にしてAirbnbの検索結果を見る必要がある。

 

パーソナライズ検索を無効にする方法

Webブラウザをシークレットモードで無効化

代表的なWebブラウザである「Google Chrome」「firefox」「Safari」に搭載されている「シークレットモード」というものがある。シークレットモードとは、ご自身が閲覧したホームページの閲覧履歴やダウンロード履歴などが残らない機能だ。

「シークレットモード」を利用することで「パーソナライズ検索」を無効化し、純粋な検索結果を見ることができるようになる。

Photo via Visual Hunt