Airbnb宿泊予約で失敗しない5つのポイント

photo by airbnb

訪日外国人が急増している中で、日本のホテルが非常にとりにくくなっています。

そのような市場環境の中で、米国の新しい宿泊サービスであるAirbnbに注目が集まっています。

しかし、ホテルと宿泊施設という点では同じでも、気をつけないといけないことも。

よくわからないまま、予約してしまうと、ちょっとしたトラブルになってしまうことも考えられます。

そこで今回は、Airbnbで初めて宿泊することを検討している方に、失敗しないポイントをご紹介します。

[box type=”note” align=”aligncenter” class=”” width=””]予約リクエストを送る前に確認しよう!
・3つの部屋タイプ
・チェックイン、チェックアウト
・清掃料金
・ベッドの数
・最寄駅[/box]

 

3つの部屋タイプ

airbnb

ホテルと異なり、Airbnbには「貸切」「個室」「シェアルーム」という3つの部屋タイプがあります。

部屋タイプによって宿泊体験が異なるので、みなさんの旅行の目的にあった部屋タイプを選ぶようにしましょう!

Airbnbでお部屋を探す場合、この3タイプで検索結果を絞り込みすることができます。
宿泊先を探す際は、どの部屋タイプにするか決めてから探すと効率的に良いお部屋を探すことが可能です。

 

部屋タイプ
説明
貸切
お部屋全体を貸切できる部屋タイプです。
ホストによりますが、このタイプの場合はセルフチェックインが多く
ホストと対面することはありません。
しっかりとプライベートを確保したいという方におすすめです。
個室
大きい家の空いている一部屋を貸し出すタイプです。
この部屋ではリビングやキッチン、バストイレはホストと共同です。
ホストと一緒にご飯へといったこともあり、プライデートを確保しつつ、
ホストとコミュニケーションをとりたいとお考えの方にオススメです。
貸切タイプよりは安く宿泊できます。
シェアルーム
部屋や家全体をホストと一緒に過ごすのがこの部屋タイプです。
ホストと一緒の場所で滞在するため、プライベートはないに等しいです。
しかし、ホストと親密なコミュニケーションをとることができます。
価格的にも他の部屋タイプに比べると安く宿泊できます。

 チェックイン、チェックアウト時間

capture image

ホテルの場合、だいたいチェックイン時間は14時で、チェックアウト時間は10時くらいであることが多いです。

Airbnbの場合のチェックイン、チェックアウト時間はホテルと同様の時間であることが多いですが、ホストによってかなり異なる場合もあります。

チェックイン18時〜といったこともあるので注意が必要です。リスティングにチェックイン時間、チェックアウト時間について記載があるので、しっかりと確認するようにしましょう。

一部のリスティングでは、チェックイン、チェックアウト時間が「柔軟」となっている場合もあります。

こちらの場合、融通がきく可能性が高いので、もし朝10時にチェックインしたいと思えば、予約する前に可能かどうかホストに問い合わせすることをおすすめします。

なおチェックイン/アウト時間の記載があっても、ホストにアーリーチェックイン可能かどうか聞いてみると、追加料金無しでOKしてくれるホストもいるので、希望があれば、ホストに聞いてみるといいです。

真夜中のチェックインが可能かどうかについてはホストによって対応が異なります。
セルフチェックインを採用している部屋であれば、真夜中のチェックインも可能ですが、鍵の受け渡しを対面で行う部屋だと、真夜中のチェックインは難しい可能性があります。

真夜中にチェックインする可能性がある場合、事前にホストに聞いていると安全です。

 

清掃料金に注意!

airbnb

Airbnbの検索結果に表示されている価格は、「1泊あたりの宿泊料金」のみです。
ホテルの場合は、検索結果に表示されている価格が宿泊価格になりますが、Airbnbの場合はちょっと異なるので注意が必要です。

Airbnbの場合は、1泊宿泊料金に清掃料金、Airbnbサービス手数料を加算した金額が合計宿泊金額となります。

清掃料金という考えかたはホテルにはないのでとまどう方もいらっしゃるかもしれません。
ホストは一般的に、清掃を代行業者に委託している場合があり、その金額を加算することがあります。

相場はだいたい5,000円ですが、中には清掃料金で7,000円近くかかるお部屋もあるので、単純に1泊の宿泊料金だけを見てると、最終的な宿泊合計金額を確認すると意外に高かったなんてこともあるので、注意が必要です。

効率的によいお部屋を探す意味でも、Airbnbで宿泊先を探す際は、滞在期間と部屋タイプ、人数を入れて検索するようにしましょう。

リスティングの詳細ページにある「予約リクエスト」ボタンを押すと、宿泊合計金額をみることができるので、こちらで値段を確認することをおすすめします。

 

ベッドの数

capture image

私は最近の宿泊先はもっぱらAirbnbですが、ベッドの数で検索結果を絞れないのですが残念です笑
ベッドの数は、リスティングの詳細ページに行かないと書いていないため、ベッドが何個あるのかはちゃんと確認しましょう。

また、ベッドはどのようなタイプなのか写真でも確認すると、失敗することがないので、おすすめです。

 

最寄駅とその距離

ホテルとは異なり、Airbnbは予約する前に、お部屋の場所を正確に把握することができません。
リスティングの詳細ページに地図はありませんが、だいたいの位置しかありません。

なので、最寄駅がどこがと駅からどれくらいかかるかリスティングの説明文にだいたい書いているので、そちらをしっかり確認します。

正確な場所をどうしても確認したい事情がある場合は、ホストに問い合わせると教えてくれるかもしれません。(ホスト次第なのでなんともいえませんが・・・)

以上が、Airbnbで宿泊する際に、失敗しない5つのポイントでした。

みなさんも、ホテルでは味わえない新しい宿泊体験をはじめませんか?