Airbnbの返答率、返答時間を理解して、100%を維持!

Photo by gajman

Airbnbの上位表示対策のひとつとして大切なのが「返答率」です。

「返答率」や「返答時間」とは、ゲストからの最初のメッセージに対して24時間以内に返事ができているか、それがどれくらいの時間でできているかを表す指標です。

「返答率」が下がれば、検索結果での表示順位も落ちる恐れがあるため、非常に重要な指標です。

この「返答率」や「返答時間」ですが、ホストをすでにしている方でも、それがどのように計算されているか、またはゲストからのすべてのメッセージが対象になると勘違いしていらっしゃる方もいらっしゃるなどあまり理解しないまま運用していらっしゃる方も多いのではないのでしょうか?

今回は、この「返答率」や「返答時間」はどのように算出しているのか、算出の対象となるメッセージはどれなのかなどの詳細をご説明したいと思います。

 

Airbnbの返答率と返答時間の対象は?

respose

画像は、私のアカウントの返答率と返答時間です。最高水準をクリアできていました。よかったです笑

まず、絶対に守らなければならないのは、ゲストへの返事は「24時間以内に対応する」という点です。

24時間以内に回答をしない場合、遅さにかかわらず「遅い返信」にカウントされ、返答率は下がり、返答時間は延びてしまいます。

なお、ゲストからのメッセージすべてが対象になっているわけではありません。

つまりゲストとのやりとりはかならずホストからの返信で締めくくらなければならないというわけではありません。

返答率も返答時間もカウントされるのかは、ゲストとホストの最初のやりとりのみですので、ご安心ください。

対象となるメッセージは以下の通りです。ゲストからのメッセージだけではなく、メッセージのないゲストからの予約リクエストも対象となる点には注意です。

・予約リクエストの承認あるいは却下
・ 予約リクエストを送ってきたゲストにメッセージで返信
・ 予約の問い合わせを受けた内容で事前承認あるいは却下
・ 予約の問い合わせを送ってきたゲストにメッセージで返信

 

返答率の算出方法とは?

「返答率」とは、ゲストからの最初の予約問い合わせと予約リクエストに対して、ホストが24時間以内に返事をした確率です。

「返答率」算出の根拠は、過去30日間に受けたメッセージと予約リクエストが対象になります。

そのため、もし忙しくてゲストからのメッセージに24時間を過ぎてしまったら、一巻の終わりで二度と100%は獲得できないというわけではないので、ご安心ください。

なお、過去30日間に受けた新規メッセージスレッドが10本未満の場合は、過去90日間に受けた中で新しい方から10本をもとに集計することになっています。

「返答時間」も同様に、ゲストからの最初の予約問い合わせに対して、 返事をするまでにかかった平均の所要時間です。

こちらも過去すべてのメッセージが対象になるわけではなく、過去30日間に受けたメッセージが対象になります。