民泊Airbnbホスト必見!初めての確定申告まるわかり

確定申告のシーズンがやって参りました。Airbnbなどの民泊ホストとして利益を上げている方は、サラリーマンの方は特に確定申告を必ず行う必要があります。

今回は、確定申告の流れをご紹介していきます。

 

2016年確定申告期間

2016年の確定申告期間は、2016年2月16日(火)~3月15日(火)です。

確定申告とは、1年間(1月1日から12月31日)※までの所得を合算し、それに対する税額を計算した後、確定申告期間である翌年の2月16日から3月15日の間に申告・納税することです。

※期限ギリギリは、税務署が大変混み合うため、 余計な時間がかかりがちになるため極力早めに済ませることをおすすめします。

 

確定申告はなぜしなければならないのか?

国民の三大義務の一つである「納税の義務」を果たすためです。日本は、納税義務者が税額を計算し、課税庁に申告・納付することで税額が決定する申告納税制度を採用しています。

 

確定申告書類の提出書類

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」という2つの申告方法があります。「白色申告」のほうが簡単な印象を受けますが大変さはあまり変わらないため、何かと得することが多い「青色申告」での納税がおすすめです。

■青色申告の場合
・確定申告書B(第一表、 第二表)
・青色申告決算書
・必要経費の領収書
・各種控除を受けるための証明書

■白色申告の場合
・確定申告書B(第一表、 第二表)
・収支内訳書
・必要経費の領収書
・各種控除を受けるための証明書

 

白色申告と青色申告の違いとは?

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」という2つの申告方法があります。それではそれぞれの違いとは何なのでしょうか?

白色申告は、収支を単純に計算する「単式簿記」の方法で帳簿をつければよいことになっています。青色申告とは異なり、事前の届出も必要ないため、手間があまりかからない申告方法だといえます。

一方、青色申告※の場合は、「青色申告承認申請書」を一定の期間内に納税地の所轄税務署長に提出する必要があります。その期日とは、承認を得たい年の3月15日までに手続きを行わなければなりません(その年の1月16日以後に新規に業務を開始した場合は、業務を開始した日から2カ月以内)。

※法律では「所得」は10種類に分けられており、このうち「事業所得」「不動産所得」「山林所得」の3種類を得ている個人事業主のみが青色申告できます。Airbnbの利益を「雑所得」として申告予定の場合は、青色申告はできないためご注意ください。

 

白色申告と青色申告のメリットとデメリット

メリット デメリット
白色申告 ・事前申請は不要
・単式簿記で帳簿付けが簡単
・申告書類が少ない
・青色申告の恩恵は受けれない
青色申告 ・青色申告者のみが受けれる特典あり
– 青色申告特別控除(最高65万円)
– 赤字が繰り越せる(3年間)
– 家族への給与が経費にできる
・事前申請が必要
・帳簿付けが面倒
・申告書類が多い

 

確定申告書類の提出方法

提出方法
・管轄の税務署へ行って確定申告書類を提出する
・管轄の税務署へ郵便で確定申告書類を送付する
・e-Tax(イータックス)を使ってネットで確定申告する

管轄の税務署は、地図から税務署を調べるからご自身の提出先の税務署を調べることができます。

 

【freee】で確定申告を行うメリット

freeeのメリット 
・1)画面に従って操作するだけで、簡単に支払調書が作れる
・2)確定申告書Bをワンクリックで簡単作成できる
・3)Mac(マック)でできる
・4)インストール不要ですぐ始められる
・5)いつでもどこでも利用できる
・6)メールサポートが無料で受けられる(チャットは会員限定)etc・・・

クラウド会計ソフトfreeeの使い方