Airbnb民泊ホストが選ぶべきWi-Fiルーターと選び方とは?

wifi

Airbnbなどの民泊では、ゲスト向けにWi-Fiルーターを貸し出すことは必須事項であることは、本サイトで何度もご紹介している通りだ。

どのポータブルWi-Fiにしようかと情報収集を始めると、あまりにも量が多すぎでどれを契約すべきかわからなくなってしまう方も多いのではないだろうか?今回は、ホストがポータブルWi-Fiを探す際に、気をつけなければならないポイントについてご紹介していく。

 

データ利用量制限に注意!

現状、多くのホストがWIMAXやY!mobileで契約したポータブルWi-Fiルーターを利用している。しかし、WIMAXとY!mobileに共通して発生する問題点が「3日間の通信制限」である。

WIMAXではWiMAX 2+料金プランのすべてで、直近3日間の合計利用通信量が3GBを超えた場合は通信制限がかかる。Y!mobileではプランにはよるが、直近3日間の合計利用通信量が3GBを超えた場合は通信制限がかかる。(一部プランは3日間1GB以上で通信制限)

通信事業者 プラン 通信制限 制限期間
Y!mobile Pocket WiFiプラン2
Pocket WiFiプランSS
Pocket WiFiプランS
Pocket WiFiプランL
データプラン
前日までの3日間の
ご利用通信量が、
2,517万パケット
(約3GB)以上
当日6時から
翌日6時まで
Y!mobile Pocket WiFiプラン+
Pocket WiFiプラン
前日までの3日間の
ご利用通信量が、
839万パケット
(約1GB)以上
当日6時から
翌日6時まで
WIMAX UQ Flatツープラス ギガ放題
UQ Flatツープラス
UQ Flatツープラス auスマホ割(2年/4年)
UQ Flatツープラス ギガ放題 ハート割
UQ Flatツープラス ハート割
UQ Flatツープラス auスマホ割(2年/4年) ハート割
前日までの3日間の
ご利用通信量が
3GB以上
翌日の昼頃から
翌々日の昼頃まで

※1 (「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」の通信量の合計)「au 4G LTE」は対応機器のみ

これらの通信制限に気をつける必要がある理由は、あるゲストが3日間に3GBを超えるデータ利用を行なったあとにチェックアウトした場合、次のゲストは通信制限のかかったWi-Fiを利用しなければならなくなることだ。

ハウスルールなどで直近3日間に3GB以内に収めるように記載したとしても必ず守ってくれるとは限らない。

ゲストがしっかりとハウスルールを守ってくれれば問題はないが、どれくらい使えば3日間で3GBを超えてしまうのかがわかりにくく、制限をオーバーする事態は度々発生するものだ。

通信制限のかかったWi-Fiを利用することになったゲストが、通信が遅いと感じてしまえば、悪いレビューを書かれる恐れもあり、注意しなければならない。

 

ゲストが紛失・破損した場合

Wi-Fiは小型であることからゲストが紛失や破損することがある。発生頻度はそこまで高くはないとはいえ、紛失・破損が発覚した2時間後に次のゲストがチェックインする・・・なんてことも実際に起こりうる。

Wi-Fiが提供できなければクレームになることはもちろんのこと、ホストにとってとても大事な評価にも悪影響を与えることは確実と言える。

 

もしも撤退することになった場合

Airbnbでお部屋の貸し出しを始めて3ヶ月、順調に運用をしていた矢先、近隣住人からクレームが・・・保健所がチェックに来て、Airbnbから撤退することに。。このようなことが最近徐々に増えてきているのをご存知だろうか?

新宿保健所によると民泊に関する近隣住人からの苦情や通報を受けて調べた事例は、2014年に6件だったものが、2015年には22件まで増加している。(2015年10月までの数値)

万が一撤退となった場合、Wi-Fiルーターの契約もどうするべきか考えなければならない。もちろん契約し続けていれば毎月の月額料金を支払わなければならない。途中解約した場合、契約解除料金が別途かかるなど余計な出費がかさんでしまうため注意が必要だ。

 

民泊WiFiをご存知ですか?

通常のWIMAXやY!mobileなどでは、そもそも民泊のように不特定多数の人に貸し出すことを想定に商品サービスが作られていないため、上述したような不都合が多数発生してしまいます。

そんな多くのホストのお悩みを解決するのが「民泊Wi-Fi」です。

民泊Wi-Fi」は名前の通り、ゲストに貸し出すことに特化した民泊ホスト専用Wi-Fiルーターです。「民泊Wi-Fi」をご利用いただくことで従来のWi-Fiルーターで課題となっていた点を解決できるようになり非常におすすめです。

 

「民泊Wi-Fi」がおすすめできる3つの理由

データ通信制限なし

「直近3日間の通信制限」や「直近5日間の通信制限」といった通信制限も含めすべての通信制限が一切ないのが「民泊Wi-Fi」のすごいところ。前のゲストが大量のデータ通信を行っても、次のゲストの回線速度が遅くなることがない。

契約期間なし

基本料金が安く設定されているかわりに「2年しばり」など2年ごとの無料解除期間以外に解約すると、違約金を支払う必要があるプランが多いが、「民泊Wi-Fi」にはこのような契約期間のしばりが一切ない。

故障時・紛失時も安心のシステム

ゲストがWi-Fiルーターを紛失したり故障されたりということは発生頻度はそこまで高くはないものの、その時は突然発生する。オプションとして用意されている「安心サポートパック」に加入すると、WIFIルーターが故障したり、ゲストがルーターを紛失した場合、民泊Wi-Fiスタッフによるサポートが受けられる

wifi