【速報】世界最大級の民泊データ分析サービス「AirDNA」が日本上陸

airdna日本上陸

ジェイピーモバイル株式会社は、民泊データ配信世界最大級の民泊データ分析サービスを展開する「AirDNA(エアーディー・エヌ・エー)」と日本国内におけるデータ提供サービスにおいて独占契約を締結し、「エアーディー・エヌ・エージャパン」を開始することを発表。

「エアーディー・エヌ・エー」はカリフォルニア・サンタモニカで創業し、世界4,250都市、200万件を超えるAirBnBの物件を毎日クローリング(収集)しデータベース化している世界最大級の民泊データ分析サービスだ。

すでに日本国内でも民泊データ収集を手がけるサービスが相次いで登場しているが、「エアーディー・エヌ・エー」は、単純なクローリング手法ではなく、独自アルゴリズムの活用、及び人工知能を使ったデータ分析手法を駆使することで、正確なデータに基づいた分析ができる点が魅力だ。

これにより、民泊ホストは正確な実績データに基づく収益力の分析を行うことができる。

日本においては、2016年4月13日より東京都・大阪府のデータを公開、5月中旬から日本全国に対応する。

民泊専門メディア「 Airstair」も「エアーディー・エヌ・エージャパン」のパートナーとして民泊ホスト向けの情報提供に力を入れる。

 

「AirDNA」を活用すべき4つの理由

1:Airbnbの掲載物件データを独自の技術において、世界200万部屋を毎日分析
「エアー・ディー・エヌ・エー」はカリフォルニア・サンタモニカで創業し、世界4250都市、200万件を超えるAirBnBの物件を毎日クローリングしデータベース化しています。 日本においては過去1年間で合計2万部屋以上を調査し、データの蓄積、及び分析を行ってきました。また、過去1年間以上のデータを保有し時系列でデータ分析が可能であるのは 世界でエアー・ディー・エヌ・エーのみとなります。

2:データの正確性
日本においては2015年から民泊登録物件数が急激な伸びを示しております。その中にはゴースト物件と呼ばれる、実態のない物件も数多く含まれておりこれらの物件は分析対象から外すことで、より正確な数値を元に分析を行っています。

3:独自アルゴリズム
データの取得には単純なクローリング手法ではなく、AirDNAが開発した独自アルゴリズムの活用、及び人工知能を使ったデータ分析手法を駆使することで、予約確定日(ブック)と、予約を受け付けていない日(ブロック)を見分け、 正確なデータに基づいた空室率、収益力の分析に役立てております。

4:世界各国のデータも日本語で分析レポート提供可能
外国向け不動産投資や、該当物件の収益力を図る指標としてお使いいただけます。

 

今後の展開について

地方自治体、ホテル、不動産管理会社、不動産投資顧問、金融機関、民泊ホスト向けにデータ販売提供開始いたします。対象となる民泊データはAirBnBを元に抽出されていますが、中国版民泊のTujia(途家)も今期中に対象となる予定です。

airdna日本上陸