ブッキング・ドットコム、民泊仲介に参入

世界有数の宿泊予約サイト、ブッキング・ドットコム(オランダ)が、旅行者を自宅の空き部屋などに宿泊させる「民泊」の仲介を日本で始めると発表した。これは、29日、ギリア・タンズCEO(最高経営責任者)が朝日新聞のインタビューに応じて明らかになったもの。今後ますます民泊は日本で広まり、動きが活発になることが予想される。

民泊に関しては「見知らぬ外国人が出入りして怖い」「夜遅くまで騒いでいる」などといった苦情が発生しており、無許可の民泊業者が多数存在するなど、その合法性や運営の仕方が課題となっていた。

来年施行される見通しの住宅宿泊事業法(民泊新法)にあわせ今後は許可を取得した物件がさらに増える見込みで、ブッキング・ドットコムは、民泊新法後から民泊の掲載をスタートする。

ブッキング・ドットコムには、現在、120万軒超えの世界中の宿泊施設が掲載されている。そのうち半数以上が、住宅や別荘を宿泊施設にしている民泊だ。日本の宿泊施設は、ホテルや旅館など、約1万2千軒が掲載されている。国家戦略特化で認定された一部の民泊施設も含まれるが、今までのところ民泊の積極的な取扱いはしなかった。

ダンズ氏は、民泊は外国人旅行者の需要が大きく見込まれるが、掲載件数を増やしたら、日本人の国内旅行利用者も増えると期待している。現在掲載中のホテルや旅館も外国人旅行者が利用が多数を占めたが、最近、日本人の利用者も急激に増えているという。

既に日本では、民泊専門の仲介サイト米Airbnb(エアビーアンドビー)が参入しており、約1万5千軒の民泊施設が掲載されている。昨年は、延べ370万人を超える旅行者が民泊を利用した。2015年にはOTA大手の米エクスペディアがHomeAwayを買収し民泊市場に参入しており、国内外ともに多くの利用者が見込まれる民泊は、民泊新法にあわせ外資系OTA大手をはじめ、多くの日本企業の参入も予想される。