Airbnb民泊のチェックイン時間とチェックアウト時間

初めてAirbnbでお部屋を貸し出すホストがぶつかるポイントがチェックイン時間とチェックアウト時間の設定に関してです。

これらの時間はホストが自由に決めることができますが、自由に決めることができる分、何時にすればよいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、Airbnbなどの民泊サービスにおけるチェックイン時間とチェックアウト時間について解説していきたいと思います。

 

ベストなチェックイン時間とチェックアウト時間とは

正解はもちろんありません。ホストが自由に決めることができる時間ではありますが、特にこだわりがないのであれば、以下の時間での設定をおすすめします。

おすすめのチェックイン/チェックアウト
チェックイン時間:15:00
チェックアウト時間:10:00

もしサラリーマンの方で本業が終わってから対応したいなどで、仕事終わり後の19時などの遅い時間をチェックイン時間とするのは特に問題はありません。

 

この時間での設定をおすすめする理由

おすすめする理由
1.一般的であり理解してもらいやすい
2.同日ゲスト入れ替え対応に最低5時間は確保

1つ目は、ホテルなどの宿泊施設ではこのような時間設定が一般的であり、理解してもらいやすいということです。すべてのゲストがチェックイン時間を完全に把握しているわけではありません。

事前にチェックイン時間を確認して予約をしてくれればよいのですが、そうではないゲストもたまにいらっしゃいます。

もし19時などの遅い時間をチェックイン時間とした場合、(何も見ないで予約したゲストが悪いにしても)ちょっとしたトラブルになる可能性もあるため、あまりおすすめはしません。

2つ目は、同日にチェックアウトと別のゲストのチェックインが発生する場合に、最低でも5時間は確保しておきたいからです。

お部屋のサイズによりますが、部屋の清掃には1-3時間程度かかります。

また清掃代行サービス側で同日チェックアウトとチェックインの空き時間を最低でも4時間以上あけることを要求することもあるため、余裕をもって5時間を空き時間として確保できるこの時間設定をおすすめしています。

またゲストも必ずチェックアウト時間を守ってくれるとも限りません。夜中まで遊んでいて寝坊してチェックアウトが遅れたりということも意外と起こるんですね。

以上のような理由からチェックアウトとチェックインの間の時間は5時間はあけることをおすすめしています。

 

アーリーチェックインの要望が来た場合

一般的に、空港から直接お部屋へ向かうゲストが多いです。つまりチェックイン時にゲストは大量の荷物を持ち歩いてくる可能性が非常に高いということです。

特に午前に空港に到着する便でいらっしゃるゲストによく多いのが「アーリーチェックインさせてくれないか?」という要望です。

ゲストのチェックイン日の前日が空いていて部屋に誰もいないことがわかっている場合は、受け入れても問題ないでしょう。

しかし、直前までチェックアウト予定のゲストがいらっしゃる場合は、「お断りする」ことも大事です。ゲスト側も無理を承知で言っていることが多いため、お断りしたことでレビューが悪化することは特にありません。

なんでもかんでもゲストの要望を受け入れるようなことはせずに、無理しない範囲でゲストの要望を聞き入れるようにすればよいと言えます。