総合評価に直結!Airbnbの「清潔」評価を上げる4つのポイント

Photo by Peter Alfred Hess

Airbnbの運用フェーズの中で一番大変な作業は、「清掃」ですね。

ゲストがチェックアウトするたびに、お部屋の清掃作業をしなければなりません。

ベッドのシーツをかえて、ゴミ箱のゴミを捨て、トイレを清掃する・・基本的な清掃作業は、代行業者なりホスト自身で行っていただいていると思います。

今回は、意外と清掃を見落としがちでありながら、意外と評価にも影響を与えてしまう「清掃」の注意ポイントについてご紹介をしていきたいと思います。

 

意外と見落としがちな清掃の4つのポイント

意外と清掃するのを怠りがちで、ゲストからのクレームがくる可能性が高い場所ランキングのTOP4がこちらです。「キッチン」「テレビ台」「トイレのにおい」「換気扇」の4箇所です。

 

意外と見落としがちなキッチン

Photo by designbuildinhabit

キッチンは意外と汚れてしまいがちで、清掃が面倒だというのはわかります。しかし、キッチンが汚れていると、ゲストからの印象はよくありません。

というのも、1Kなどの比較的小さいお部屋であればなおさらですが、ゲストが始めてお部屋に入ってすぐに目に入るのがキッチンということが多いのです。

1Kのお部屋はだいたい、玄関を入るとキッチンの前を通過してお部屋に入るという構造であることが一般的です。

扉を開けた瞬間というのは、ゲストの気持ちがもっともたかぶっている状態です。そんなときに見えるキッチンが、汚かったらどう思うでしょう?

おそらく第一印象は最悪な評価になってしまうことでしょう。どんなにお部屋がきれいでも第一印象でついてしまった印象は取り除きにくいです。

キッチンは、水垢などは極力残らないようしっかりと吹き掃除をしてゲストをおもてなしできるようにしましょう。

 

意外とクレームが多いテレビ台の上

テレビ台のお掃除してますか?普通にすんでいるお部屋であればあまりしないかもしれません。

しかしゲスト向けにお部屋を貸し出すのであれば、絶対に見逃せないのがテレビ台や棚の上なのです。

どんなクレームがくるかというと、「ほこりがある」といったクレームがきます。

お部屋の状況にもよりますが、ベッドメーキングでほこりが舞い、そのほこりが意外とテレビ台の上にたまったりします。

ゲストさんはテレビ台のほこりまでしっかりとみています。

ここはかなりほこりがたまりやすいので、チェックアウト後は毎回清掃するくらいの気持ちでやっていただいたほうがよいと思います。

もちろんテレビ台だけではなく、ほこりのたまりやすい場所である棚などの場所を忘れずに!

 

トイレのにおい

Photo by jinkazamah

皆さんが泊まった滞在先のトイレの匂いがきつかったら嫌ですよね。

みなさんのお部屋のトイレももしにおいがきつければ、評価が非常に落ちる懸念もあります。

入念に清掃を行って匂いは極力取り除くようにしましょう。

 

何で見てるの?換気扇

換気扇の掃除あまりしないと思います。Airbnbの清掃代行サービスなどでも換気扇は清掃しませんという注意書きを掲げているところも少なくありません。

換気扇毎回清掃する必要はまったくありませんが、最低限でも月1くらいの頻度では清掃をしてほしいポイントではあります。

というのも、換気扇もテレビ台同様にほこりがたまりやすい箇所であるからなんです。

ほこりがたまるとどうしても汚らしくみえてしまうことから、ゲストの目に意外ととまってしまいます。(ほとんどのホストの方は、換気扇なんてゲストがみているなんて思いもよらないと思います)

しかし意外とクレームになりがちなポイントだったりします。

運用代行サービスに清掃を代行していて代行業者が清掃対象外にしている場合でも、最低限月1回くらいは自分のお部屋の点検の意味合いもこめて換気扇の清掃は行っていただいたほうがよいかと思います。

 

ゲストとして経験するとわかる「清掃」の大事さ

私は2013年にAirbnbをはじめるまでは、宿泊先はホテルでした。しかしAirbnbをはじめてからは国内海外問わずほぼAirbnbで宿泊することで旅行をしています。

ゲストとして宿泊すると「清潔さ」は非常に重要であると体感するのです。

本記事であれば、4つの清掃ポイントについてもこんなところまで清掃する必要ある?みたいに思うポイントであったかもしれません。

しかしゲストとして他のホストが提供しているお部屋に宿泊してみると、この4つのポイントが意外に気になったりするものなのです。

ほかにもゲストを体験すると、他のホストのサービス品質に触れることができ、自分のほすととしてのホスピタリティを振り返るよい機会になったりします。

なので、まだゲストとしての体験がないホストの方は、たまにはAirbnbのゲストを体験することをおすすめします。