Airbnb民泊立ち上げ時に必要な手続きまとめ

民泊物件が決まり次第、立ち上げの準備に入っていくことになります。

民泊の立ち上げ時には水道光熱費の各種手続きや住所変更手続きなど様々な手続きも必要になります。まずは、簡単に物件立ち上げ時に必要な手続きの流れを把握して、スムーズな民泊立ち上げを目指しましょう。

 

「1〜2週間前」までにやること

電気に関する手続き

電力会社のインターネットから引越しの手続きができます(一部できない電力会社もあり)。引越しの1〜2週間くらい前までには、電力会社のインターネット(でんき家計簿)あるいは、明細書に記載してある電話番号で、引越しの手続きを行ってください。

インターネット(でんき家計簿)の場合、必要事項を入力するだけで簡単に手続きができます。手続きの際は、「名前・引越し先住所・引越し日時」などの情報が必要になりますので、用意しておきましょう。

でんき家計簿

水道に関する手続き

引越しの1〜2週間前までには手続きを行いましょう。請求書や領収書に書いてある所轄の水道局に電話で引越しの旨連絡しましょう。インターネットから引越しの手続きができる場合もあります。

手続きの際は、「名前・引越し先住所・引越し日時」などの情報が必要になりますので、事前に確認、用意しておきましょう。

水道局Webサイト
東京都水道局
大阪市水道局

ガスに関する手続き

物件が決定した段階で早めに連絡をしましょう。ガスは閉栓、開栓に関しては必ずガス会社の職員の立ち会いが必要になります。

引越しの1〜2週間前までには手続きを行いましょう。民泊物件のエリアのガス会社の営業所に電話して、引越しの旨を伝えましょう。

インターネットから引越しの手続きができる場合もあります。インターネットから引越しの手続きができる場合もあります。

手続きの際は、「名前・引越し先住所・引越し日時」などの情報が必要になりますので、あらかじめ用意しておきましょう。

ガス会社Webサイト
東京ガス
大阪ガス

ポータブルWi-Fiに関する手続き

民泊では、ポータブルWi-Fiが必須というほど重要です。ポータブルWi-Fiの新規契約も早めに済ませてスムーズなおもてなしができるように早めに準備をしておきましょう。

通常のWIMAXやY!mobileなどでは、そもそも民泊のように不特定多数の人に貸し出すことを想定に商品サービスが作られていないため、不都合が多数発生してしまいます。(詳細はこちら)

そんな多くのホストのお悩みを解決するのが「民泊Wi-Fi」です。「民泊Wi-Fi」は名前の通り、ゲストに貸し出すことに特化した民泊ホスト専用Wi-Fiルーターです。

民泊Wi-Fi」をご利用いただくことで従来のWi-Fiルーターで課題となっていた点を解決できるようになり非常におすすめです。

Photo via VisualHunt.com