今すぐ予約をAirbnb初心者ホストにオススメしない2つの理由

通常、Airbnbなどの民泊の予約の際にゲストは「予約リクエスト」を送信します。

予約リクエストをホストが受信すると、そのゲストを「承認」するか「否認」するかを決定します。ホストが「承認」した場合にのみその宿泊予約が確定になります。

一方で「今すぐ予約」は、ホストの承認を待たずに、ゲストが「予約リクエスト」を送信した時点で、即予約を確定させることができる予約方法です。

「今すぐ予約」を設定するメリットとしては、直前で急遽旅行や出張が決まったゲストがすぐに予約できるという利点、AirbnbのSEO対策上、非常に優位に働く利点の2つがあります。

ある程度、ホストとして活動しているホストであれば、必ず設定していただきたいのが「今すぐ予約」ですが、まだ初めてばかりでAirbnbの機能についてもあまりわからない状態であるのであれば、この設定はオススメしません。

 

初心者ホストにオススメしない2つの理由

1.価格設定が間違っていた場合に取り消せない

ホストとして活動を始めたばかりのホストによくありがちなのが、価格設定を間違えてしまう場合です。「通貨単位」「追加人数」など間違えやすいポイントがいくつかあります。

もし間違った価格で宿泊価格を設定し、その価格でゲストから予約が入った場合、ホスト側からキャンセルを行えば重大なペナルティを受けなければならなくなります。

2.数十万単位の機会損失を生む可能性がある

宿泊価格は、毎日一定価格ではありません。一般的に一週間の中でも金曜日、土曜日はその他の日に比べると宿泊価格は高くなる傾向にあります。

また年間トレンドの中でも桜のシーズンや年末などはハイシーズンとなり宿泊需要が増加するため、宿泊価格は上がる傾向にあります。

はじめてAirbnbなどで民泊ホストを始めた方に多いのが、このようなトレンドを考慮しない価格設定をしてしまうことです。

数千円の機会損失で済めばよいですが、時期によっては3日間で10万円以上の機会損失を生む可能性すらあります。

以上のような2つの理由から、初心者ホストがすぐに「今すぐ予約」の設定をしてしまうのはあまりおすすめできません。

しかし、「今すぐ予約」はSEO対策上、非常な重要な対策です。「今すぐ予約」を設定しないことによるデメリットもあるという点には注意しなければなりません。

 

初心者ホストでも安心な2つの対策

初心者ホストは、「今すぐ予約」を設定してもしなくても痛みを伴う可能性があることをお伝えしました。では初心者ホストはどうすればよいのか?その解決策としては2つのタイプがあります。

1.運用代行サービスを利用する方法

今現在、Airbnbなどの民泊サービスの運用を代行するサービス会社がたくさんあります。実績と経験のある運用代行サービス会社を利用することで、民泊ホスト初心者でも、長年の経験によるノウハウを使って運用をしてもらえるというメリットがあります。

一方で、運用代行手数料としてAirbnbの売り上げの20-30%の手数料を取る会社もあり、代行手数料がかかってしまうデメリットはあります。

2.コンサルティングサービス

運用代行サービスは、運用代行手数料を支払わないと民泊の運営ノウハウを享受できないデメリットがありますが、それを解決するのが各種コンサルティングサービスです。

コンサルティングサービスを利用していただくことで、運用代行サービスを利用しながらも、物件立ち上げ時に必要なノウハウを駆使してAirbnbの運営を行うことができます。

民泊情報メディア Airstairの「コンサルティングサービス」や「エアビー戦略思考」をご購入いただくことで、立ち上げ時に必要なノウハウを吸収しつつ実践することができます。

また本サービスであれば、運用代行サービスのように毎月サービス手数料がかからないため、効率的にノウハウを得ることができるというメリットがあります。

Photo credit:  Visualhunt.com / CC BY