ジェイピーモバイル株式会社は8月8日、運営物件の競合物件の分析や、収益管理、適切な客室単価設定、騒音loTセンサーを活用した部屋の状況把握などが一元的に管理できる「民泊ダッシュボード」を発表した。

「民泊ダッシュボード」は、Airbnbの宿泊データをもとに自己運営物件と競合する物件をピックアップし、両物件を分析する。競合物件の数や稼働率、客室単価、年間・月間の収益額だけではなく、マップとカレンダーを利用して、競合物件の位置情報と翌3ヶ月間の客室単価と予約可能な物件数を把握でき、稼働率と収益率を上げるためのアドバイス機能も搭載している。

さらに、10月中に導入を予定しているloTセンサー「ポイント」を活用した騒音対策機能も備えている。これは事前に騒音異常値を設定し、この数値を超えた際にLINEやメールでホストに通知すると共に、ゲストに対して騒音が検知されたことをSMS、自動音声電話、メールで通知するものだ。

他にもAirbnbや自在客等の民泊仲介サイトをマルチチャンネル登録することで、ゲストとのチェット・コミュニケーションや予約管理を一括して管理が可能である。また、チャットBOTを活用してゲストとのコミュニケーションの90%以上を自動化することができる。(11月開始予定)

今後はスマートロックをはじめとする民泊のスマートホーム化の一元管理や室内清掃の予約・管理といった機能を10月より導入を予定している。

 

■会社概要
企業名:ジェイピーモバイル株式会社
代表者:代表取締役 田中 良介
所在地:京都市下京区中堂寺粟田町93京都リサーチパーク6号館
事業の内容:データ分析事業・SIM販売事業・民泊支援事業・アドフィンテック事業
資本金:160,500,000円
URL:http://info.jpmob.jp/