民泊ホストの必需品!通信無制限の「民泊WiFi」がおすすめ

Airbnbなどで民泊を始める方にとって、欠かすことができないものの一つであるWi-Fiルーター。最近では、民泊ホストにとってWi-Fiルーターの設置は必須という情報も多数出回っており、その重要さはご存知のことでしょう。

しかし、「Wi-Fiルーターを設置すること」以上に大事なことを忘れてはいないだろうか?それは「どのWi-FIルーターを選ぶのか」である。Wi-Fiルーターの重要性は十分に認知されてきたが、Wi-Fi選びで失敗している方が非常に多い。

そこで今回は、民泊ホストが選ぶべきWi-Fiルーターと選んではいけないWi-Fiルーターについて解説する。

 

民泊ホスト専用のWi-Fiルーター「民泊Wi-Fi」

「民泊Wi-Fi」とは、民泊ホスト専用の「Wi-Fi」サービスだ。民泊用に貸し出す必要があるWi-Fiルーターは、不特定多数の人が利用するため、一般的に販売されているWi-Fiルーターでは色々な問題が発生する。例えば、「直近3日間の通信制限」「撤退することになった場合の対応」「紛失した場合の代替端末の手配」だ。

従来のWi-Fiルーターの課題を解決するのが民泊ホスト向けに作られた「民泊Wi-Fi」だ。「民泊Wi-Fi」の場合、「直近3日間の通信制限」といった制限は一切なく無制限に利用でき、万が一撤退することになっても契約期間のしばりはないため、違約金不要で解約ができる。また紛失時・故障時の安心システムも備わっており民泊ホストであれば必ず契約しておきたい。

 

一般的なWi-Fiルーターの問題点とは

直近3日間の通信制限

WIMAX、Y!mobileなどの大手通信事業者が提供するWi-Fiルーターには、「直近3日間以内のデータ利用量に対する通信制限」が設けられている。

たとえばあるゲストが3日間に3GBを超えるデータ利用を行いチェックアウトした場合、次にチェックインするゲストは通信制限のかかったWi-Fiを利用しなければならなくなる。

必需品とも言える「Wi-Fiルーター」が前にチェックアウトしたゲストの利用超過による通信制限でゲストが使えなくなってしまえば大問題。ホストにとってとても重要なレビューや評価スコアに悪影響を与えてしまう。

撤退することになった場合の違約金

万が一、民泊から撤退することになった場合、一般的なWi-Fiルーターでは契約期間以内の解約の場合には違約金が発生する場合が多い。突然撤退することになった場合、違約金を支払って契約解除を行う必要があるなど余計な出費がかさんでしまう。

紛失・故障した場合の代替端末の手配

一般的なWi-Fiをゲストが紛失したり故障させた場合、新しい代替端末を用意しなければならない。紛失しても困らないよう予備にもう1台契約しておけば解決するが、ランニングコストがかさんでしまうためあまり良い方法ではない。

 

「民泊Wi-Fi」がおすすめできる3つの理由

データ通信制限なし

「直近3日間の通信制限」や「直近5日間の通信制限」といった通信制限も含めすべての通信制限が一切ないのが「民泊Wi-Fi」のすごいところ。前のゲストが大量のデータ通信を行っても、次のゲストの回線速度が遅くなることがない。

契約期間なし

基本料金が安く設定されているかわりに「2年しばり」など2年ごとの無料解除期間以外に解約すると、違約金を支払う必要があるプランが多いが、「民泊Wi-Fi」にはこのような契約期間のしばりが一切ない。

故障時・紛失時も安心のシステム

ゲストがWi-Fiルーターを紛失したり故障されたりということは発生頻度はそこまで高くはないものの、その時は突然発生する。オプションとして用意されている「安心サポートパック」に加入すると、WIFIルーターが故障したり、ゲストがルーターを紛失した場合、民泊Wi-Fiスタッフによるサポートが受けられる