Airbnbの清掃料金と基本料金を見直して上位表示を実現する方法

Airbnbの宿泊金額は、「基本料金」に「清掃料金」、(追加人数がある場合は「追加人数の料金」)を合計した額となる。「清掃料金」は実際に清掃代行会社に支払っている額で設定されている方が多いが、実は「基本料金」と「清掃料金」を見直して上位表示させることができる。

Airbnbから旅行先の都市名を入力し検索すると表示される検索結果ページに表示されている金額は宿泊金額の合計額ではなく、あくまでも「カレンダー上で設定した1泊あたりの基本料金(宿泊人数での追加料金込み)」である。

勘の良い方はお気づきかと思うが「基本料金」を安くし、その分を「清掃料金」に転化することで、検索結果に表示される料金を抑えることで、自然と上位に表示されるようになる。

airbnb_検索結果

 

基本料金を清掃料金に転化するデメリット

基本料金を清掃料金に転化すると、自然と上位表示される可能性が高まるが、一方でそれによるデメリットもある。Airbnb自体はユーザー数が世界的に伸びている関係で、Airbnbを利用したことがない人が多い。

Airbnb初心者によくあるのが、検索結果に表示された金額が宿泊金額の合計額だと勘違いをしてしまうパターンだ。予約リクエストや今すぐ予約を送ろうとするタイミングで予算を超える金額が表示されていることに驚きホストに連絡が来る。

このように問い合わせをしてくるゲストにホストは、「検索結果に表示された額はあくまでも基本料金で、実際の合計額は○○○円になる」という旨の回答を行うことになるが、このような問い合わせをするゲストはすでに予算を超えている状態であるため、ここから宿泊予約につなげることは難しい。

ほどよく基本料金を清掃料金に転化するのは良いが、転化しすぎると問い合わせが増えるだけで労力だけが増えることになるので、ほどほどにしておこう。

 

Airbnbで設定できる料金とその内容

項目 内容
基本料金 1泊あたりの基本料金(料金の必須項目)
長期滞在料金 長期滞在者向けの割引料金(週割または月額料金)。
清掃料金 1泊ごとの加算ではなく、予約料金の合計に加算される1回限りの料金
週末料金 毎週金・土の夜だけ平日とは異なる週末の特別料金を設定できる。
追加人数の料金 基本料金の宿泊人数を超えると、1名様増毎に加算される1泊料金。
追加可能人数は、収容人数が上限になる。
保証金 財物に万が一のことがあった場合には、請求できる金額。
保証金は、ゲストが宿泊予約する際に宿泊価格と一緒に請求はされない点に注意。