民泊の運営には、家電や家具のセットアップなどのイニシャルコストと水道光熱費やインターネット通信費などのランニングコストがかかる。これらの費用をすべて現金で支払ってしまってはいないだろうか?

民泊の運営にかかる費用をすべて楽天カードで支払うことで、1万ポイントの還元を受けられることも。今回は楽天カードを活用して年間1万ポイント以上の還元を受ける方法をご紹介する。

 

民泊のランニングコストは年間240万円以上

「貸切」タイプで行う民泊の運営には、初期費用を除くランニングコストだけでも年間、240万円かかる(1ヶ月10万円の家賃の1LDK部屋を借りる場合で想定。詳細は以下の表を参照)。初期費用は60万円であり初期費用も含めれば年間で合計300万円だ。

初期費用の割合で大半を占めるのは物件契約にかかる費用で、ランニングコストでは運用代行費用と家賃が大半を占める。特にランニングコストは毎月発生するものであり毎月20万円であれば年間の支払額は240万円を超える。

これらランニングコストの支払いを「楽天カード」にするだけで、なんと年間24,000ポイントの還元が受けられる。

この数値は1物件あたりのものであり、もし複数の物件をお持ちであればその分還元額は増える。3件の物件すべての支払いを楽天カードにまとめれば年間72,000ポイント(約7万円分)を超える還元を受けることも可能だ。

月間 年間
イニシャルコスト 計600,000円 計1,800,000円
敷金・礼金・仲介手数料 300,000円 300,000円
家賃 100,000円 1,200,000円
家具・家電 300,000円 300,000円
ランニングコスト 計100,000円 計1,200,000円
水道光熱費 25,000円 300,000円
インターネット費用 5,000円 60,000円
運用代行費用(清掃のみ) 70,000円 840,000円
合計700,000円 合計3,000,000円

 

カード利用でポイントが貯まる「楽天カード」

楽天市場での買い物なら還元率は4%

spu

民泊の運営には、使い捨てスリッパやホテル用アメニティからトイレットペーパーやティッシュなど日用品の購入も欠かせない。これらの日用品を楽天市場で購入し楽天カードで決済すれば「スーパーポイントアッププログラム」(SPU)によりポイント還元率は4%になる。

特に楽天市場がおすすめなのが業務用アメニティの取り扱いが多い点だ。使い捨てスリッパや使い捨て歯ブラシなど業務用ホテルアメニティが充実している。これらの業務用アメニティは楽天市場での大量セット購入がおすすめだ。

楽天カードで決済すれば、「スーパーポイントアッププログラム」により非常に高い還元率でポイントが獲得できる。

年会費無料で還元率1%

年会費無料でありながら、楽天カードでお買い物をすれば街での買い物でもネットでも、100円につき1ポイント楽天スーパーポイントが貯まる(ポイント還元率は1%)。

公共料金も楽天カードで支払い可能

電気料金、ガス料金、水道料金もクレジットカードで支払いが可能。すべての物件の支払いを1つの楽天カードにまとめることで、還元ポイントは多くなる。

カード払いに家賃支払いが対応している場合も

まだあまり普及してはいないが、一部の不動産会社では月額家賃、入居時一時金(敷金、礼金、仲介手数料など)の支払いに楽天カードを利用することができる。

特に金額が大きいため獲得できるポイント数は非常に多い。例えば家賃が10万円の場合、毎月1,000ポイントが獲得できる。年間だと1万2千ポイントにもなる。

物件選びの際には、家賃をカード払いできるか不動産会社に確認しておくのも手だ。

 

さらに今なら5,000ポイントが全員にもらえる

今なら楽天カードへの入会で5,000ポイントがもらえるキャンペーン実施中!この機会に年会費無料の楽天カードに入会してポイントを獲得しよう。