話題の宿泊サービスAirbnbで旅行すべき5つの理由はこれだ

Airbnbとは2008年に創業した空き部屋を貸したい人(ホスト)と部屋を借りたい旅人(ゲスト)とをつなぐサービスです。

今では、世界中の旅人に受け入れられ、世界190ヶ国34,000以上の都市で利用され、通算のゲスト数は4,000万人を超えます。

さて、日本ではあまりなじみのないAirbnbがなぜ多くのゲストを獲得できているのか。

それは、ホテルなどではできない宿泊体験ができるからです。

 

1. ユニークな宿に泊まることができる

airbnb.comPhoto by airbnb.com

自宅の個室3LDKの1部屋や、別荘や一戸建ての物件などはもちろんこと、お城やツリーハウス、クルーザーなどホテルなどでは絶対にできない体験ができます。

物件を決める際には、今まで宿泊したゲストからのレビューをみたり、部屋を貸し出している人のプロフィールを見て決めることができるので安心です。

泊まりたい物件が決まったら、宿泊希望日を指定して、予約をするだけです。

なお、ホテルとは異なり沢山の部屋があるわけではないので、お早めにご予約することをオススメします。

またホストの人に聞きたいことがある場合は、予約するまえに問い合わせすることができます。

 

2. 現地の方と一緒に暮らしてるように旅ができる

2178306585_28ca37a021_zPhoto by Luz Adriana Villa

Airbnbに登録されている物件のタイプには「シェアルーム」「個室」「まるまる貸切」という3種類のタイプがあります。

シェアルームは、ある一つの部屋の中で、ホストさんや他のゲストと生活空間全体をシェアするタイプになります。

プライベートはあまりないですが、現地の暮らしに溶け込みながら滞在することができます。また共同生活である文、他の「個室」や「まるまる貸切」と比べると宿泊費は安く済みます。

友だちづくりをしながらお金もセーブしたい、そんな旅人に人気の部屋タイプです。

個室とは、2LDKといった比較的大きい家で空いている部屋をゲストに貸し出している部屋タイプです。

リビングやキッチン、トイレなどはホストとの共同利用となりますが、ゲスト向けの部屋はプライベート空間が確保されています。このタイプでは、ゲストに朝ごはんを提供しているホストもいます。

このタイプの部屋は、シェアルームよりも値段は高いですが、まるまる貸切よりは安く滞在することができます。

プライバシーも欲しいけれど、現地の方々とのつながりも大切にしたいときに最適です。

まるまる貸切とは、自分の家に住むように滞在することができる部屋タイプです。

ホストがAirbnb専用に部屋を借りてゲストに提供していたり、別荘などでホストが普段利用していない部屋を貸し出したりしているため、ゲストは旅先にも関わらず自宅のようにつくろぐことができます。

このタイプでは(ゲストが特に希望しなければ)ホストと顔を合わせることがなく、完全なプライバシー空間で旅先で滞在することができます。

このタイプの部屋は、部屋全体を貸し切ることになるためシェアルームや個室に比べると値段は張ります。

完全なプライバシー空間がほしく、また現地に溶け込むように滞在してみたいという方に最適です。

 

3. ユニークなアメニティや施設設備が整っている

airbnb.comPhoto by airbnb.com

一般的なホテルでは、バスタオルやシャンプー、リンス、ボディーソープ、コンディショナー、ドライヤー、歯磨きなど基本的なもののバス用品や、紅茶・コーヒーなどのフリードリンクなどが用意されていることが多いと思います。

一方、Airbnbでは、ホスト次第にはなってしまいますが、上述したホテルに用意されているものは前提としてだいたい用意されています。

それに加えてキッチンやお皿やコップ、洗濯機や冷蔵庫、テレビやポケットWi-Fiなどまで充実の設備を備えていることが多く、特に1泊や2泊ではなく中長期的に宿泊するようなゲストにとって助かるような設備が整っていることが多いです。

Airbnbの場合は、特にAirbnb側からホストへアメニティとしては○○を用意しなければならないといった制約はないので、ホスト次第といったところがあります。

しかし、Airbnbで過去数十泊した結果から言うと、だいたいのホストは、ホテルで提供されているバスタオルやシャンプー、リンス、ボディーソープ、コンディショナー、ドライヤー、歯磨きといった基本的なアメニティやテレビ、冷蔵庫、洗濯機、キッチンとキッチン用品は用意されていることが多いです。

 

4. ユニークな部屋に比較的安く宿泊できる

16328706659_3511d1dd7e_zphoto by Jonathan Leung

Airbnbは世界190ヶ国34,000以上の都市で部屋が提供されています。

もちろん日本でも多数の物件が提供されており、家族で利用される方やビジネスの出張として利用する方々もいて利用方法はさまざまです。

やはりユニークな部屋に泊まれるといっても高くでは泊まりたくはないですよね。

設備やアメニティ、提供サービスなどもホテルとAirbnbでは大きく異なることから単純比較はできませんが、Airbnbなら他のホテルに泊まるよりは安く宿泊できることが多いです。

旅行に行く際は、ホテルのオンライン予約サイトだけで判断するのではなく、Airbnbでも物件も探してみると良いと思います。

 

 5.今なら初回登録で3,000円分のクーポンプレゼント

初回旅行が¥ 3 110OFFになるチャンス!

すでにFacebookアカウントやGoogleアカウントをお持ちであれば連携させるだけでAirbnbのアカウントが作成できます!

ここで連携しても許可しなければFacebookやGoogleに勝手に投稿されるといったことはないので、ご安心ください。