TripAdvisorがヨーロッパ民泊仲介サイト「Housetrip」を買収

housetrip

TripAdvisor(トリップ・アドバイザー)は4月27日、ヨーロッパ民泊仲介サイト「Housetrip(ハウストリップ)」を買収したことを発表した。なお買収額については公表されていない。

「HouseTrip」は2010年にサービスをスタートし2014年には物件数が33万件を突破するなど、世界でも有数の民泊仲介サイトの一つである。

TripAdvisor(トリップ・アドバイザー)は、世界最大の旅行者のコミュニティとして、世界48の国と地域、28言語でサイトを展開。世界620万軒を超えるホテル・レストラン・観光スポットに対して3億2,000万件以上の口コミ情報を掲載。

民泊関連では、過去にも世界にある民泊仲介サイトを買収しており、「HouseTrip」は、Flipkey(フリップキー、2008年8月)、Holiday Lettings(ホリデー・レッティングス、2010年6月)、Niumba(ニュンバ、2013年5月)、VacationHomeRentals(バケーション・ホーム・レンタル、2014年5月)に次ぐ5番目である。

世界では「バケーションレンタルサービス」関連での大型買収が相次いでいる。2015年11月には世界最大手オンライン旅行サービス会社のExpedia(米エクスペディア)が民泊仲介サイト「Homeaway」を約39億ドル(約4740億円)で買収。

また2016年4月には「メルキュール」「ノボテル」「イビス」などのブランドを展開するフランスホテルチェーン大手「アコーホテルズ」が、英国を拠点にラグジュアリー物件を取扱うバケーションレンタルサイト、「onefinestay(ワンファインステイ)」を買収したと発表していた。

 

民泊仲介サイトの主な買収案件

日付 買収案件
2008年8月 TripAdvisorがFlipkeyを買収。
2010年6月 TripAdvisorがHoliday Lettingsを買収。
2013年5月 TripAdvisorがNiumbaを買収。
2013年6月  Homeawaytravelmobを買収
2014年5月 TripAdvisorがVacationHomeRentalsを買収。
2015年11月 ExpediaがHomeawayを買収。
2016年4月 アコーホテルズがonefinestayを買収。
2016年4月 TripAdvisorがHousetripを買収。
housetrip