5月27日(土)に開催される国内最大規模の民泊イベント「バケーションレンタルEXPO」が来場者受付を開始したことを発表した。

「バケーションレンタルEXPO2017」はMinpakuBizなどを運営する株式会社オックスコンサルティングと民泊ダッシュボードなどを手がけるメトロエンジン株式会社が共同で初めて開催する展示会。

同イベントには、民泊マッチングサイト最大手のAirbnb(エアービーアンドビー)から民泊代行会社などの宿泊関連企業を中心に「40社」を超える企業が参加予定となっている。

会場は、広さ2,637㎡を誇る新宿NSビル(東京新宿区)の大ホールで同イベントには、3,000人以上の来場が予想され、各企業の出展ブースエリアに加えて各界のエキスパートによる特別セミナーの開催も決定している。

3倍以上のペースで急成長する民泊市場を背景に、民泊を全国的に解禁する民泊新法(住宅宿泊事業法)も年度内での施行が見込まれ、上場企業を含む多くの法人や個人がこれまで以上に民泊事業へ参入してくることが確実視される。

本イベントは、民泊事業をすでに行っている方や今後参入を検討している事業者や個人にとって、民泊の最新動向を知ることができる貴重なイベントとなりそうだ。

 

セミナー情報一覧

■Airbnb Japan株式会社 ホームシェアリング事業統括本部 統括本部長 長田 英知
シェアリングエコノミーを活用した地方創生や新しい働き方の創造

■中国民泊サイト「途家」代表 Hai Zhuang
バケーションレンタルからホームシェアリングへ、途家国内外の実践

■中国民泊サイト「住百家」常務取締役 副総裁兼務CTO 郭骁(カクショウ)
中国最大級プラットフォームが語る 〜訪日旅行客が求める民泊とは〜

■HomeAway株式会社営業本部長 榎田 豪
HomeAwayの独自性と地方開拓の狙い

■特定行政書士 戸川大冊
住宅宿泊事業法を正しく理解し合法的に運営する方法

■行政書士・宅地建物取引士 石井 くるみ
用途変更ってなに? ~民泊許可のハードルをわかりやすく解説~

■公認会計士・税理士 深野竜矢
個人・法人の適切な収益管理と税務の実務を理解する

■株式会社レジデンストーキョー代表取締役CEO 野坂 幸司
「マンスリーマンションx住宅宿泊」チャンスと落とし穴とは

■TripBiz(ダイバージェント株式会社)代表 安田 則之
トラブルばかりの日本の民泊マーケットで今求められること

■戴 周穎 (タイ シュウエイ Joey Dai)民泊不動産投資プラットフォーム「Yoiju(有一居)」代表
中国の不動産投資家がみる日本不動産投資の実情とは

■上村 憲司 MINPAKU FUND NO.1 LLC. CEO
民泊ファンド®が目指す 【利回り100%】の不動産投資

■近江 幸生 Air Global Agency co.,Ltd CEO
タイのバケーションレンタル開発&日本での合法民泊開発〜独自の集客方法まで

■三井住友海上
民泊を運営する上でリスクの正しい把握と備え

■株式会社 iVacation 代表取締役 大城 崇聡
IT×不動産×宿泊 テクノロジーがもたらす宿泊事業へのイノベーション

■株式会社SOZONEXT 代表取締役社長 申 昌赫(シン ショウカク)
”インバウンド専門✕IT” 旅館/簡易宿所/民泊完全運営代行のアットホストサービスのご紹介

■CANDY HOUSE, Inc. 代表取締役CEO Jerming Gu
アメリカと日本の発展からみたこれからの家とIoT

■株式会社構造計画研究所 すまいIoT推進部長 池田 修一
カギの受け渡しを円滑にするテクノロジー

■ハーチ株式会社 代表取締役 加藤 佑
データから考える民泊投資と運用戦略「BnB Insight」

■株式会社自在客 副CTO 共同経営者 张斌(チョウビン)
自在客から分析する日本民泊市場の発展