満足度を上げる!訪日外国人が求める情報とは?

バケーションレンタルEXPO

Airbnbなどのリスティングの多くの物件で「無料Wi-Fi」のサービスが提供されている。それは訪日客が「無料Wi-Fi」を求めているからである。

実際、観光庁の訪日外国人消費動向調査によると、多くの訪日外国人が「無料Wi-Fi」を求めていることがわかっている。本調査では訪日客に対して「日本滞在中、何に関する情報があると便利だと思いましたか。」という問いでアンケートが実施された。

調査結果によると、日本滞在中にあると便利な情報で回答割合の高い選択肢は「無料 Wi-Fi」で、4割超を占めることがわかった。

 

訪日客が求める情報とは?

無料Wi-Fiスポットが少ないと言われる日本だからこそであるといえるだろう。次いで多い回答が「交通手段」となっており、交通手段に関する情報を旅行者に提供すると満足度を高められそうだ。

具体的には、空港から民泊施設へのアクセスガイドや主要観光地、買物スポットへのアクセスガイドなどだ。

「交通手段」に次いで多かったのが「飲食店」に関する情報で、物件周辺のおすすめレストラン情報などを用意しておくと喜ばれそうだ。

graph1

Airbnbでは、出張対応を行うことで、ビジネス客を受け入れることもできる。業務目的の訪日客(ビジネス客)については、無料Wi-Fiよりも交通手段に関する情報を求めていることがわかった。観光、レジャー目的の訪日客とは異なり、飲食店に関する情報を求める割合も高いことがわかる。

graph2

 

長期滞在の多い豪州や欧米客ではATM需要

日本滞在中にあると便利な情報で、「ATM」の選択率が最も高い国籍・地域は「オーストラリア」であり、4割を超えることがわかった。観光客に絞ると実に5割超が「ATM」の情報を求めている。

観光客では、平均泊数の高い国籍・地域で「ATM」の選択率が高い傾向がみられるが、「米国」と「オーストラリア」については平均泊数が同水準の国籍・地域に比べて「ATM」の選択率が高くなっている。

長期滞在で日本訪れる可能性が高い欧米やオーストラリアではアジア地域とは異なり、ATM需要が高いことがわかる。豪州、欧米客に対しては物件周辺のATMに関する情報を提供すると喜ばれそうだ。

graph3

《関連サイト》
最近の訪日外国人の動向を分析しました

 

情報網羅で満足度アップを

住所をゲストに伝えるだけという運用をしている人は多いが、不親切だと言わざるをえない。空港から物件までの単なる行き方だけではなく、最寄駅から物件までの行き方を図でわかりやすくした「アクセスガイド」の準備が欠かせない。

また、観光庁の訪日外国人消費動向調査で明らかになったように周辺のレストラン情報なども欠かせない。

しかしアクセスガイドやレストラン情報のガイド制作の作成は大変ではあり、作成の時間を取れない人も多いのではないだろうか?

そのような人におすすめなのが、これらの作業を代行する「初回セットアッププラン」だ。本業の合間で運営しているなど、時間がない方などにおすすめのサービスになっている。