日本政府観光局(JNTO)が毎月発表する訪日外客数の統計データを本メディアで可視化。

2016年は6月時点で1000万人を突破

2016年は6月時点ですでに1000万人を突破。2015年は7月15日に1000万人を突破しており、昨年よりも1カ月以上早く大台に乗せた格好だ。

直近の伸び率は鈍化

引き続き訪日外国人が増えているが、2014年に比べると年平均47%増加していた2015年の状況と比べると、2016年(1-6月)は平均30%の増加にとどまっており伸び率は鈍化してきている。

国別ではアジアの伸び率が突出

訪日外国人が増えていることはよく知られているが、地域別でみるとアジアからの旅行者の増加が突出していることがわかる。訪日外国人が増えているというよりは、アジアからの旅行者が増えていると言い換えたほうが良いだろう。

アジアでは中国、韓国、台湾が突出