法律・条例一覧

民泊などの宿泊事業を行う場合の法律

日本で民泊等の宿泊事業を行う場合、原則として旅館業法の許可、特区民泊の認定、住宅宿泊事業法の届出のいずれかが必要になる。

旅館業法(簡易宿所)特区民泊住宅宿泊事業法
所管官庁厚生労働省内閣府
(厚生労働省)
国土交通省
厚生労働省
観光庁
実施可能エリア原則全域
(住専地域等は不可)
大田区のみ 原則全域
条例による制限あり
営業日数365日営業可能365日営業可能最大180日まで
(条例による制限あり)
 最低滞在日数なし2泊以上なし