飛行機の「早割」とは?

飛行機の早割制度とは、早く購入すればするほどお得に航空券を購入できる制度で、JALやANAなど多くの航空会社で導入されています。

早割制度は、航空会社ごとに設定されており、75日前、55日前、45日前、28日前など、さまざまなプランがあります。飛行機の「早割」を利用することで、通常よりも格安で航空券を手に入れることが可能です。

「早割」は大変お得な制度ですが、価格が切り替わるタイミングに注意が必要です。また、このタイミングは航空会社によって微妙に異なっており、1日予約日がずれるだけで損する場合もあります。

今すぐ各航空会社の早割プランをチェックして、次の旅行に向けてお得な航空券を予約しましょう。早割制度を利用して、賢く旅行を楽しむ第一歩を踏み出してみませんか?

 

各航空会社毎の「早割」を解説

ANAの早割運賃

ANAには、「ANA SUPER VALUE」と呼ばれる早割運賃があり、搭乗日の75日前から21日前までの5段階に分けて設定されています。また、ANA国内線タイムセールでの予約もおすすめです。

早割運賃の予約は搭乗日355日前 9:30からで、各早割運賃ごとの購入期限は以下の通りです。早割運賃の支払い期限は、予約日を含め2日以内となります。予約変更はできません。

なお、搭乗日55日前までであれば、取り消し手数料はかかりません。*払戻手数料は1区間につき440円かかります。

早割運賃購入期限
ANA SUPER VALUE 21搭乗21日前まで
ANA SUPER VALUE 28搭乗28日前まで
ANA SUPER VALUE 45搭乗45日前まで
ANA SUPER VALUE 55搭乗55日前まで
ANA SUPER VALUE 75搭乗75日前まで

 

JALの早割運賃

JALの運賃には「フレックス」「セイバー」「スペシャルセイバー」の3種類あり、「スペシャルセイバー」が早割運賃にあたります。さらに、往復利用なの場合5%オフになる「往復セイバー」もあります。

「スペシャルセイバー」の予約は、搭乗日の360日前の午前0時から搭乗日28日前までで、28/45/55/75日前のいずれかが予約期限となります。予約変更はできません。

また、定期的に開催されているJAL国内航空券タイムセールにあわせて予約することでも航空券をお得に確保できるのでおすすめです。

早割運賃購入期限
セイバー 21搭乗21日前まで
スペシャルセイバー 28搭乗28日前まで
スペシャルセイバー 45搭乗45日前まで
スペシャルセイバー 55搭乗55日前まで
スペシャルセイバー 75搭乗75日前まで

 

スターフライヤーの早割運賃

スターフライヤーでは、「そら旅」と呼ばれる早割運賃があり、搭乗日の75日前から21日前までの5段階に分けて設定されています。

早割運賃の予約は発売開始日から搭乗日28日前までで、各早割運賃ごとの購入期限は以下の通りです。早割運賃の支払い期限は、予約日を含め4日以内となります。予約変更はできません。

早割運賃購入期限
そら旅 21搭乗21日前まで
そら旅 28搭乗28日前まで
そら旅 45搭乗45日前まで
そら旅 55搭乗55日前まで
そら旅 75搭乗75日前まで

 

エアドゥーの早割運賃

エアドゥーでは、「AIRDOスペシャル」と呼ばれる早割運賃があり、搭乗日の75日前から21日前までの5段階に分けて設定されています。

早割運賃の予約は発売開始日から搭乗日28日前までで、各早割運賃ごとの購入期限は以下の通りです。早割運賃の支払い期限は、予約日を含め4日以内となります。予約変更はできません。

早割運賃購入期限
AIRDOスペシャル 21搭乗21日前まで
AIRDOスペシャル 28搭乗28日前まで
AIRDOスペシャル 45搭乗45日前まで
AIRDOスペシャル 55搭乗55日前まで
AIRDOスペシャル 75搭乗75日前まで

 

ソラシドエアの早割運賃

ソラシドエアでは、「バーゲン」と呼ばれる早割運賃があり、搭乗日の75日前から21日前までの5段階に分けて設定されています。

早割運賃の予約は発売開始日から搭乗日28日前までで、各早割運賃ごとの購入期限は以下の通りです。早割運賃の支払い期限は、予約日を含め4日以内となります。予約変更はできません。

早割運賃購入期限
バーゲン 14搭乗14日前まで
バーゲン 28搭乗28日前まで
バーゲン 35搭乗35日前まで
バーゲン 60搭乗60日前まで
バーゲン 75搭乗75日前まで

 

飛行機の「早割」のデメリット

飛行機の早割を活用することで、お得に旅行を楽しむことができる反面、利用する際にはいくつかの注意点を押さえておく必要があります。

早割の座席数は先着順

まず、早割の座席数には限りがあることです。特に週末や連休などの人気の日程は、設定座席が少なく、75日前でも埋まってしまうことがあります。特に、ゴールデンウィークや夏休みのようなハイシーズンには、早割自体が設定されない場合もあります。

キャンセル料がかかる

早割をキャンセルする場合、航空会社やキャンセル時期によもよりますが、50%前後のキャンセル料が発生します。出発後にキャンセルすれば100%のキャンセル料が発生する場合もあります。

予約変更ができない

早割で予約をした場合、原則として予約の変更ができません。出発日当日に空席があっても便の変更はできないため、予定が確定しているときに利用するのがベストです。

以上からわかるように、飛行機の早割を利用する際は、予定をしっかり確定させた上で予約することをおすすめします。



.