メタップスのグループ会社であるSPIKEペイメントは8月8日、民泊物件データを検索できるWebサービス「SPIKEデータ for 民泊」を開始することを発表した。

同社は6月にジェイピーモバイルと連携し、国内3万件以上の民泊物件データを保有する「民泊物件データ解析サービス」の販売を開始。今回提供を開始する「SPIKEデータ for 民泊」ではWeb上から地域や期間を選択し、必要なデータをピンポイントで取得することができるようになる。

同サービスでは、取得したい情報量によって選択可能な「無料プラン」「PROプラン(基本プラン)」「統計データプラン」の3プランが用意されているという。

取得したデータは、民泊事業に携わっている事業者様の現状分析・競合調査・収益改善に役立てることができる他、各種不動産関連事業者様や金融機関、行政機関による市場調査でも活用することができるとしている。

 

img_109060_1

《関連サイト》
SPIKEデータ for 民泊

 

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。