Airbnbの運営について必ず必要になるのがスペアキーの作製だ。頻度としてはそこまで多くはないがゲストや清掃スタッフなどが鍵を紛失する恐れもあり、いくつの予備キーを用意しておく必要がある。

 

意外と高い!?スペアキーの種類と費用

マンション、一軒家、オフィスなどで幅広く使われているディスクシリンダーの場合、300円〜500円で5分ほどの時間で作製してもらえる。一方で、表面にデコボコと穴の開いているディンプルキーの場合、10日〜2週間かかり、料金も5,000円近くかかる。

2週間かかるからといってもマスターキーをゲストに貸し出すのはNGだ。紛失されればスペアキーが作れなくなってしまうからだ。物件選びの際には、鍵タイプの確認と早め早めの合鍵作製を忘れないようにしよう。

 

用意しておくと良い個数

多くのホストは1組の宿泊ゲスト客に対して1つのスペアキーを用意している。1組1つのスペアキーでも問題はないが、紛失リスクや利便性を考えると2つ用意しておくのがベストと言える。

なお、ゲストにお渡しする鍵は元鍵(マスターキー)ではなくスペアキーを利用しよう。

元鍵とは、メーカー純正のもので、ドアに鍵を取り付けるときに渡される鍵のこと。鍵にメーカー名や鍵番号が刻印されているものが元鍵だ。一方で、合鍵(スペアキー)とは、元鍵をもとに新たに作った複製版の鍵でメーカーや番号の刻印はない。

合鍵から合鍵を作製すると、誤差が生まれやすく精密度の鍵の場合、合鍵から作った合鍵は使用できない場合もある。そのためマスターキーは絶対に貸し出しには利用せず、合鍵をゲストに貸し出すのが良い。

 

合鍵を作ることができない鍵も

物件選びの際に、非常に見落としなのが「鍵」だ。表面にデコボコと穴の開いているディンプルキーは、精密度が高いものが多く、専用マシンがないと合鍵を作ることができない。メーカーから取り寄せることになるため、合鍵の作製に2週間近くかかることもあるため注意が必要だ。

また、ディンプルキーの中には、メーカーが登録制を取っており、勝手に合鍵を作ってはいけない鍵もある。他にもマスターキーに加えてセキュリティカードが発行される鍵の場合、カードを持参しないと登録の確認ができず、合鍵が作れない鍵もある。

 

簡単にスペアキーを作る方法

合鍵を作ろうと思った場合、どこで作ればいいんだろうかとお悩みの方も多いのではないだろうか?実は今、ネットで簡単にスペアキーを発注できるサービスがあることをご存知だろうか?それが【俺の合鍵】というサービスだ。
を利用すると、全国送料無料・最短5日でスペアキーを自宅に宅配してくれる。

Airbnbでお部屋を貸し出す場合は、物件確定後、家具やインテリアの準備と一緒に合鍵の作製申し込みもすぐにしてしまうのがおすすめ。

 

鍵を撮影し送信するだけで注文可能!

インターネットで注文すると面倒なのではとお考えの方も多のではないだろう?実は【俺の合鍵】を利用すると、鍵をスマートフォンで撮影し送るだけで注文ができる。

撮影するのが面倒・・という場合は、メーカー名と刻印番号を送るだけで注文が可能。非常に簡単に合鍵を作製でき非常に便利なサービスになっている。

AdobeStock_85640567