民泊・ホテル向けチェックインシステム4選 鍵受け渡しの仕組みや機能、料金を徹底比較

届出を行うことで民泊の営業を可能にする住宅宿泊事業法の施行に伴い、民泊(特区民泊)や簡易宿所に特化した「民泊チェックインシステム」のサービスが増えてきています。

2018年6月15日には改正旅館業法の施行により、フロントの寸法について「受付台の長さが1・8メートル以上」としていた従来の規定を撤廃。

さらにビデオカメラやICT等により本人確認や宿泊者の出入りを確認できるなど一定の条件を満たす場合、フロントを設置が必ずしも必須ではなくなりました※。(※自治体の条例・規則により異なる場合がある)

ここでは、民泊やホテルのチェックインに関わる業務の自動化を支援すDる民泊・ホテルのチェックインシステム4つを厳選してご紹介していきます。

 

民泊・ホテルチェックインシステムとは

チェックインシステムとは、これまでフロントで行っていた本人確認やパスポートの情報取得、宿泊者台帳入力などのフロント業務の一部または全部をサポートするシステムのことを言います。

また最近では訪日外国人の増加を背景に、英語や中国語などの対応がフロントで必須となるなど多言語対応の重要性も増してきていますが、チェックインシステムでは多言語対応している場合も多く、インバウンド対応もスムーズになるメリットもあります。

メトロエンジン株式会社が提供する「民泊ダッシュボード」では民泊やAirbnbなどのチェックインシステムに加えて、サイトコントローラーや民泊のメッセージ対応を行うことができるなどサービスが充実している点が挙げられます。

xxx株式会社が展開する「minpakuIN」では、民泊のチェックインサービスに加えて24時間対応のコールセンターでゲストの万が一に対応できるサービスを整えています。

 

 

チェックインシステムの機能と仕組み

民泊やホテルのチェックインシステムでは、宿泊施設あるいは店舗のどちらでチェックインを行うかで大きく2つに分類することができます。

一つは、宿泊施設に設置したタブレットでゲストのチェックインを行う方法で、他方は店舗などに設置されたチェックインシステムで本人確認などのチェックインを行う方法です。

店舗で鍵を受け渡しする方法では、JTBとセブンイレブンが共同で民泊チェックインサービスを設置することが明らかにとなり、現在は東京都新宿区の一部のセブンイレブン店舗で導入されています※。(※今後、全国へ展開を拡大する予定)

 

サービス名企業名概要
メトロエンジン株式会社民泊のチェックインから、サイトコントローラー機能、Airbnbのメッセージ対応など民泊対応をすべて一元化できます。Airbnbの公式パートナー。
月額1,980円
xxx株式会社24時間対応のコールセンターで安心。チェックインサービスに加えてスマートロックとも連携しています。
月額5,000円
株式会社 JTB式会社 JTBがセブンイレブンと共同で行っている民泊チェックインサービス。現在は、東京都新宿区の一部店舗に限られています。
月額8,000円
株式会社チャプターエイト英語や中国語、韓国語など5か国語に対応。パスポート情報から宿泊者名簿を自動作成。
月額2,980円
matsuri technologies株式会社民泊のチェックインから、Airbnbのメッセージ対応などを一元化できます。Airbnbの公式パートナー。

 

民泊・ホテルに対応最も機能が充実した「民泊ダッシュボード」

「メトロエンジン株式会社」

メトロエンジン株式会社が提供する民泊クラウド管理ツールの「民泊ダッシュボード」では、タブレットでのチェックインサービスに加えて、オーバーブッキングを防ぐ在庫管理機能だけではなく、チャットの自動対応機能、AIによる客室単価の自動設定、清掃管理や手配機能などのサービスを提供。

Airbnbではゲストとの問い合わせ対応が発生しますがこのような対応を定型文により一部自動化できるほか、アカウントを複数所有している場合でも一元的に管理することが可能。

他の民泊チェックインシステムとは異なり、AirbnbやBooking.com、AsiaYo、Agoda、自在客などの主要な宿泊予約サイトと連携が完了しているなど周辺サービスが充実しているのが強みとして挙げられます。

民泊仲介サイト世界大手のAirbnb(エアービーアンドビー)のパートナー企業となっているメトロエンジンの「民泊ダッシュボード」は、Airbnbのお墨付きがあるという点において、Airbnbにて掲載を行っている民泊ホストにとっては注目のチェックインサービスと言えます。

<<民泊ダッシュボードの詳細はこちら>>

 

24時間対応のコールセンターで安心「minpakuIN」

「minpakuIN」 公式ホームページ より

xxx株式会社が提供する「minpakuIN」は、日本語・英語・中国語に対応できるコールセンターを24時間利用できる点がメリットとして挙げられます。また、スマートロックの「RemoteLock」と対応し、鍵の受け渡し業務も自動化できるのが強みです。

minpakuINでは、支給されるタブレットでパスポート情報を撮影(インバウンドのみ)、その後映像で本人確認を行うなど一連のチェックインフローを行うことでフロント業務にかかるリソースを大幅に削減できます。

<<minpakuINの詳細はこちら>>