観光需要喚起策「全国旅行支援」の予約受付が続々と始まってますが、全国旅行支援のクーポンに、ふるさと納税クーポンを同時適用してよりお得に旅行することができることをご存じでしょうか?

楽天ふるさと納税では、ふるさと納税クーポンや全国旅行支援クーポンを含む 4 種類のクーポンから最大 3 種類のクーポンを適用してよりお得に旅行を楽しむことができます。

ふるさと納税というと、カニや肉、フルーツなどが人気ですが、楽天ふるさと納税では、楽天トラベルの対象施設で使える楽天トラベルクーポンを返礼品として取り扱う自治体が拡大しており、注目を集めています。

本特集では、「全国旅行支援」クーポンと併用可能な楽天ふるさと納税の「楽天トラベルクーポン返礼品」を詳しく解説していきます。

 

ふるさと納税とは

「ふるさと納税」とは、希望する都道府県や市区町村に寄付すると、寄付金のうち 2,000 円を超える分について、所得税の還付や住民税の控除を受けられる制度です。さらに、寄付先から「お礼の品」として返礼品をもらうことができます。

ふるさと納税をしなかった場合、納税をして終わりですが、ふるさと納税をすると、、所得税の還付や住民税の控除を受けることができ、さらに、寄付額の 30% 以内の返礼品をもらえることができます。

返礼品は、自治体によってさまざまなで、お米やカニ、肉など地域の特産品や名産品が多くありますが、ホテルや旅館の旅行券など、旅行で使えるクーポンもあります。

旅行で使えるクーポンの中でおすすめなのが、楽天ふるさと納税の「楽天トラベルクーポン返礼品」です。

 

楽天トラベルクーポン返礼品とは

楽天ふるさと納税より

楽天ふるさと納税「楽天トラベルクーポン返礼品」は、楽天トラベルの宿泊施設で使えるクーポン返礼品です。他の楽天トラベルの宿泊クーポンのように、楽天トラベルの対象施設で利用できます。

さらに、現在開催中の観光需要喚起策「全国旅行支援」を含む最大 3 種類のクーポンを併用して宿泊予約が可能です。返礼品クーポンの宿泊期限は、半年先※までですが、全国旅行支援は、2023 年 3 月 31 日までのため、同時利用がおすすめです。

※ 寄付後の予約対象期間は、クーポンが付与されてから 89 日間です。宿泊可能期間は、クーポンが付与された翌日のチェックイン分からクーポンが付与された翌日から 180 日以内のチェックアウト分までとなります。

 

楽天トラベルクーポン返礼品の利用方法

楽天トラベルクーポン返礼品の利用方法

クーポン(返礼品)を選ぶ クーポン(返礼品)を選ぶ
楽天ふるさと納税」にて、寄付額や対象宿泊施設などの条件から、お好みのクーポンをお選びください。対象施設は各返礼品ページの「宿泊施設はこちら」より確認できます。
寄付をする 寄付をする
楽天ふるさと納税」の返礼品ページにて寄付の申し込みをしてください。
クーポンを獲得する クーポンを獲得する
決済日より 2 ~ 3 日後、myクーポンにクーポンが配布されます。利用期限(予約対象期間)は、クーポンが付与されてから 89 日間です。
クーポンを利用する クーポンを利用する
myクーポンの「楽天トラベル」に表示されるクーポンをクリックし、「対象宿泊施設一覧」ページへお進みください。ご希望の施設を選び、対象クーポンを利用してご予約ください。

 

全国旅行支援 2023年

2023 年にも実施される「全国旅行支援」は、これまでと割引内容が変更となり、1 人 1 泊最大 5 千円を上限に旅行代金が 20% 割引とし、さらに飲食店等で利用できるクーポン券を 1 人 1 泊最大 2 千円分配布します。

旅行割引では、交通付(鉄道、バス、フライト付き)プランか宿泊プランかで割引上限額が異なり、交通付プランは上限 5 千円、宿泊や日帰りプランは上限 3 千円です。交通付プランのほうが割引額が高く設定されてます。

また、旅行需要の平日分散化の観点から、クーポン配布額が平日と休日で異なり、平日の場合は、1 人 1 泊あたり 2 千円分、休日の場合は 1 人 1 泊あたり 1 千円分が配布されます。平日のほうがよりお得になります。

 

「全国旅行支援」等、観光支援策の今後

今後の観光支援策まとめ

[1]県民割
10 月 10 日まで開催
[2]全国旅行支援
12 月 27 日まで延長を発表
[3]全国旅行支援
2023 年 1 月 10 開始

2023 年の「全国旅行支援」は、これまでと割引内容が変更となり、1 人 1 泊最大 5 千円を上限に旅行代金が 20% 割引とし、さらに飲食店等で利用できるクーポン券を 1 人 1 泊最大 2 千円分配布します。

旅行割引では、交通付(鉄道、バス、フライト付き)プランのほうが宿泊プランに比べ割引上限額が高く、交通付プランは上限 5 千円、宿泊や日帰りプランは上限 3 千円です。

また、旅行需要の平日分散化の観点から、クーポン配布額が平日のクーポン配布額が高く、平日の場合は、1 人 1 泊あたり 2 千円分、休日の場合は 1 人 1 泊あたり 1 千円分のクーポンを配布します。

 



.