民泊ホストにとってのHomeAwayとは

HomeAway(ホームアウェイ)は、世界190ヵ国以上で200万件以上のユニークな物件が登録されているバケーションレンタルサイトです。世界23言語、50サイトを展開しており月間の利用者は4,000万人を超えます。

2015年12月には米オンライン旅行サイト大手のエクスペディアグループ傘下のブランドとなり、2016年に日本支社も設立するなど日本での認知拡大に努める今注目のバケーションレンタルサイトです。

民泊ホストにとってはご自身の物件にいかに多くの宿泊予約を獲得できるか、露出を増やせるかがカギになります。中でも簡単に露出を増やす簡単な方法は物件を一つの民泊プラットフォームだけではなく、複数のプラットフォームに掲載するというものです。

一つの民泊プラットフォームのみに掲載した場合、そのプラットフォームの利用者以外の宿泊客にアプローチができません。しかし、複数の民泊プラットフォームに掲載するとより多くの宿泊客に物件を露出でき稼働率のアップを狙うことができます。

今現在、民泊のプラットフォームには日本を含む世界で非常以上に多くのサービスがありますが、中でもホームアウェイは今後拡大するポテンシャルが大きく、掲載を進めたいプラットフォームだと言えます。

 

リスティングをHomeAwayに掲載するメリット

すでに他の民泊プラットフォームに物件を掲載している場合、掲載するサイトを増やすと管理の手間が増えてしまうことから二の足を踏んでいる方もいらっしゃるかもしれません。リスティングをホームアウェイに掲載することで、得られるメリットとしては以下の3つが挙げられます。

1.家族、グループ旅行のゲストを獲得できる

ホームアウェイは3人以上のグループ旅行の割合が全体の7割を占めるなど家族や友人同士のグループ旅行で利用される傾向があります。なおグループ旅行は大人数での旅行であればあるほど1泊あたりの宿泊金額は高くなります。

実際ホームアウェイを利用する宿泊客の1回あたりの宿泊金額はAirbnbより高いことが明らかになっています。ホームアウェイに掲載することで単価の高いゲストを受け入れられるというメリットがあるのです。

2.ゲストの予約日数が比較的長い

ホームアウェイの利用客はAirbnbに比べてゲストの予約日数が長い傾向があります。民泊では1~2泊など短期滞在のゲストよりは1週間といった中長期滞在のゲストを受け入れることで清掃の回数を減らせます。ホームアウェイに物件を掲載することで、単価が高く滞在日数も長いゲストを獲得できるようになり清掃コストも抑えることができるようになると言えます。

3.豊富なプロモーション手段でアプローチ可能

ホームアウェイは他の民泊プラットフォームとは異なりプロモーションの手段が充実しています。例えば、直前に滞在場所を決める旅行者をターゲットにした割引「駆込ディスカウント」や、自由なタイミング・期間で、特別割引を提示する「特別ディスカウント」の設定などです。

ディスカウントの設定を行うと、ホームアウェイの検索結果上で割引率がハイライト付きで表示されるようになるため物件の注目度を高めることができるようになります。

 

HomeAwayとAirbnbとの違い

民泊プラットフォームといえばホームアウェイ以外にもAirbnbがありますが、それぞれどのような特徴を持っているのか疑問に思う方も多いのではなでしょうか?アメリカの調査会社※によるとホームアウェイとAirbnbでは、利用者の年齢層や利用用途などで違いがみられることがわかっています。

利用者の年齢層でみると、Airbnbでは若年層で少人数の旅行者に利用される傾向があるのに対して、ホームアウェイを利用するゲストは35〜54歳の中年層が中心で、グループ旅行や家族旅行で利用される傾向が見られます。

予約1件あたりの宿泊客の人数データでは3人以上のグループ旅行の割合が全体の4割のAirbnbに対して、ホームアウェイでは7割を超えます。また予約日数や単価でみても、Airbnb(平均$584USD・4日間)よりもホームアウェイ(平均$1032USD・6日間)のほうが高い傾向にあります。

ホームアウェイでは別荘や一棟貸しなどが多く掲載されていることから、休暇を家族でゆっくりと過ごしたいと考える人々によく利用されているようです。

※データ提供元: Phocuswright’s A Market Transformed: Private Accommodation in the U.S.

 

HomeAwayの手数料と支払い

ホームアウェイは、掲載だけでは手数料はかからず宿泊予約ごとに3%の手数料が発生する仕組みとなっています。ホストに支払われる受取金は、ゲストの宿泊金額から手数料を除いた宿泊代金で銀行振込(国際送金)あるいはPayPal(ペイパル)で受け取る※ことができます。(※原則としてゲストがチェックインしてから24時間以内にホストに送金されますが、土日祝の場合は翌営業日に送金が行われます。)

なお、銀行振込よりも送金にかかる手数料がないペイパルの利用がおすすめです。ただ、ペイパルでの受け取りの際にはペイパルのアカウントが必要になるので事前に準備しておきましょう。

ペイパルのアカウントには「パーソナルアカウント(個人用)」と「ビジネスアカウント」があり、どちらでも支払いの受け取りはできますが、ビジネスアカウントは基本的に無料で、集金レポートのダウンロード等、ビジネス機能が個人用のパーソナルアカウントより充実しているためおすすめです。

パーソナルアカウントをお持ちの方はビジネスアカウントへのアップグレード、まだペイパルのアカウントをお持ちでない場合はビジネスアカウントの開設手続きを行ないましょう。

最後にペイパルのアカウントから自身の口座に振り込む際には「本人確認」が必要になり、アカウントの開設から審査通過までに2~4週間ほどかかる場合もあります。そのため、早めの手続きがおすすめです。ここでつまずくケースも多いので注意しましょう。

《関連記事》忘れていませんか?PAYPALから宿泊料金を引き出すには、本人確認が必要です