Airbnb、民泊運営代行サービスの「Lucky Homes」を買収 創業10年で18社目の買収に

民泊仲介サイト世界大手のAirbnb(エアービーアンドビー)が2018年末に、フランスの民泊運営代行サービス「Lucky Homes」を買収していたことがわかった。Airbnbによる買収は、2008年の創業から10年で18社目となる。

「Lucky Homes」は、フランスに拠点を置き民泊運営代行サービスを手掛けるベンチャーで、清掃などの物件管理からゲスト向けのサポートサービスを提供。同社ブログによると、買収後も引き続きサービス提供を継続する。

民泊などのバケーションレンタル分野はAirbnbに加えて、オンライン旅行サイト大手のBooking.com(ブッキングドットコム)やExpedia(エクスペディア)も力を入れている。

Expediaは2018年10月に、民泊物件管理サービスなどを手掛けるPillowとApartmentJetを買収。PillowはもともとAirbnbに特化した民泊代行サービスのベンチャーで、Airbnbをはじめとする民泊サービスの普及をサポートしていた企業。

Airbnb向けのサービスを展開していたベンチャー企業を、Airbnbの競合サービスに当たるExpediaが買収したことで注目を集めた。

《関連記事》エクスペディア、Airbnb系民泊代行サービス会社など2社を買収 民泊事業の強化へ

「Lucky Homes」トップページより

 

Airbnb、創業から10年間で18社を買収

Airbnbは2008年の創業から3年後の2011年に初めてドイツの民泊仲介サイト「Accoleo」を買収。2012年には5社を買収しており、創業から10年でこれまで買収した企業は18社に達する。

最近では、高級ホテルに特化した宿泊予約サイトの「Luxury Retreats」を買収しているほか、障害を抱える旅行者向けの民泊仲介サイトスタートアップのAccomableを買収するなどしていた。

Airbnbがこれまで買収してきた企業の多くは、民泊やフライトなどの予約サイトやテック系サービス企業が大半を占める。民泊の運営代行サービスの買収は今回が初めて。

《関連記事》民泊大手Airbnbの過去買収企業一覧。10年で18社








民泊に関する無料相談はこちらから