Airbnb の手数料とは ホストサービス手数料とゲストサービス手数料を理解する

Airbnb とは、お部屋を貸し出ししたい人(ホスト)とお部屋を借りたい人(ゲスト)をインターネットを介してつなぐプラットフォームです。

プラットフォームの運営をスムーズに行うとともに、新しい機能の開発や 24 時間 365 日対応のカスタマーサービスなどの費用をまかなうため、予約確定時にサービス料がかかります。

Airbnb のサービス料には2つの体系があり、ホストとゲストでサービス料を分担する方式と、ホストのみがサービス料を払う方式があります。個人の場合は、全社(分担型)の方式が、標準的な料金体系となります。

Airbnb に掲載した場合の収入額を確認する

 

ホストサービス手数料

ホストとゲストでサービス料を分担する方式の場合、民泊ホストが予約ごとに支払う必要がある手数料は、「ホストサービス料」と呼ばれ、原則3%かかります(Airbnb Plusなど一部で例外があります)。

ホストサービス料は、予約料金の小計(宿泊料金、設定があれば清掃料金と追加人数分の料金も加算。税・手数料は除く)をもとに計算され、ホストの受取金から自動的に手数料分が差し引かれます。

例えば、1泊 10,000 円の物件にゲストが 1 泊した場合、売上は 10,000 円です。この売上にホストサービス手数料率の3%をかけた 300円 がホストが支払う必要がある手数料です。ホストの受取金は 300 円を差し引いた 9,700 円となります。

 

ゲストサービス手数料

ホストとゲストでサービス料を分担する方式の場合、ホストがAirbnb に支払うホストサービス手数料とは異なり、宿泊客のゲスト側が宿泊予約ごとに Airbnb に支払う必要がある手数料が、「ゲストサービス料」です。

ホストサービス手数料の場合、3%と固定料金でしたが、ゲストサービス料は通常、予約料金の小計(宿泊料金、設定があれば清掃料金と追加人数分の料金も加算。税・手数料は除く)をもとに計算され、13% 未満で変動します。

手数料はさまざまな予約要因によって異なり、予約の完了前にお支払いのページでゲストに表示されます。ゲストから、Airbnb のゲストサービス料について聞かれた場合は、お支払いページで確認できる旨をお伝えするとスムーズです。

なお、ゲストが中国本土にあるリスティングに宿泊予約を行う場合、またはホストのみがサービス料を負担する方式の場合は、ゲストサービス料を支払う必要はありません。

 

リスティングの掲載料金は無料

これからお部屋を公開しようとお考えの方であれば、注意しておきたのは、お部屋の掲載には一切手数料はかからないという点です。お部屋の掲載は完全に無料で行うことはでき、手数料が発生するのは、予約が確定したときのみです。

お部屋の公開をやめるのもボタン一つで簡単にできることから、一度掲載してみて予約が入らないければやめるということもできます。

Airbnb に掲載した場合の収入額を確認する



.





住宅宿泊事業セミナー申し込み受付中