ホテルなど宿泊施設向け、最大1千万円のバリアフリー化促進事業補助金の公募開始

観光庁は3月15日、旅館・ホテルなどの宿泊施設において客室や共用部のバリアフリー化の促進支援を行う「宿泊施設バリアフリー化促進事業」の公募を開始したことを発表した。

当事業では、全ての訪日外国人がストレスフリーで快適に滞在できる環境整備を目的として、旅館・ホテル等の宿泊施設が実施するバリアフリー化の改修を一部支援する。

2019年3月15日(金)~5月31日(金)の期間で行われる 2019 年第1期公募では、客室の大規模改修(車いす使用者客室の整備)が対象で、補助率は2分の1、上限は1千万円となる。バリアフリー化の改修工事は12月までに完了する必要がある。

対象となる宿泊施設は、旅館業法の営業許可を受けている宿泊事業者(旅館・ホテル、簡易宿所)のうち、2つの要件を満たす必要がある。

認定した事業計画額の累計が予算の上限に達した場合は、5月31日の期限を前倒して公募を終了する場合がある。

【2019年第1期公募】宿泊施設バリアフリー化促進事業の公募について








民泊に関する無料相談はこちらから