東京北区の民泊施設で男性死亡、傷害容疑で男を逮捕

東京都北区の民泊施設で、同じ部屋に宿泊する男性の顔を殴ってけがをさせたとして、44歳の男が傷害容疑で逮捕されたとTBSが報じた。

報道によると、北区の民泊施設で同じ部屋に宿泊する上司と見られる男性と口論になり、怪我をさせた疑いがもたれている。

《関連サイト》
民泊施設で男性殴られ死亡、傷害容疑で44歳男を逮捕

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。