女性専用コワーキングスペース「The Wing」、AirbnbやWeWorkなどから約83億円の資金調達

女性を対象したコワーキングスペースの運営を行うスタートアップ企業の「The Wing(ザ・ウィング)」はこのほど、シリーズCでAirbnbをはじめとする複数の企業や個人から約83億円(7,500万米ドル)を調達したと海外メディアが伝えた。

同社への出資企業には、民泊仲介サイト世界大手のAirbnb(エアービーアンドビー)のほか、コミュニティー型ワークスペースを展開するWeWork(ウィーワーク)が含まれる。

The Wingは2016年に創業。コミュニティを通し、女性の職業的、社会的、経済的な発展を推し進めることをミッションに掲げるスタートアップ。

これまでニューヨークやワシントンDC、サンフランシスコにスペースをオープン。来年にはウエストハリウッド、シカゴ、ボストン、ロンドン、トロント、パリでも事業展開する予定だ。

The Wingの共同創業者、オードリー・ゲルマン(Audrey Gelman)、ローレン・カッサン(Lauren Kassan)の両氏はこれまでに総額で約130億円(1億1,750万米ドル)の資金を調達。

調達で得られた資金はThe Wingのミッションの遂行、オフライン及びオンラインを含めた領域での拡大に活用する意向を示している。

The Wing サイトより

 

女性専用コワーキングスペース「The Wing」とは

「The Wing」は、ニューヨークで誕生した女性による女性のためのコワーキングスペース。月会費は約23,000円(215ドル)で利用できるほか、月額約27,000円(250ドル)のプランなら世界にあるThe Wingのコワーキングスペースを利用できる。

男性が多いイメージのあるコワーキングスペースとは一線を画し、女性のみしか利用できないメンバーシップ制度に加えて、優雅な女性らしいデザインの内装に仕上げたスペースを特徴とする。

また、授乳室やシャワー室等、女性が求める設備を備えた空間を提供するだけでなく、政済界で活躍する女性を招いたイベントや映画観賞会、メンバー間の交流イベントなどの多数のイベントを通じてメンバー同士の関係構築を推進している。

このような女性のニーズを満たす女性専用のコワーキングスペースである「The Wing」は、女性からの圧倒的な支持を受けるとともに今回の資金調達を受けてさらなるサービス拡充を図る。


民泊に関する無料相談はこちらから