Airbnb 保証金とは? 請求の仕方と準備など

Airbnbは、保証金やホスト保証、ホスト補償保険、問題解決センターなど、安心・安全なホスティングを後押しするためのサポートが充実しています。その中でも今回は、「保証金」の仕組みとその申請方法をご紹介していきます。

Airbnbの保証金とは、万が一の損害などに備えてゲストが支払うデポジットのことです。ホテルでもチェックイン時に、ホテル指定のお預かり金(デポジット)の請求をされることがあります。これは宿泊代金に含まれないサービス代金の保証として一時的にホテルに預けるお金です。

Airbnbでは、ホストが個々のリスティングに対して自由に保証金の有無を設定できるだけではなく、保証金額も自由に設定することができます。

 

Airbnbの保証金は予約時に支払う?

ホテルの場合は、デポジットはチェックイン時に支払う必要がある場合が多いですが、Airbnbではホストが設定した保証金を、ゲストは予約時に支払う必要はありません。

予約時にゲストは支払うのはあくまでも宿泊料金、清掃料金、追加料金、Airbnbサービス手数料を含めた宿泊合計金額だけになります。

クレジットカードにも一時的にもチャージされるわけでもないので、ゲストは「保証金」がかかるのかどうかを探して見つけなければなりません。

保証金はあくまでも、チェックアウト後に、花瓶が壊れている、鍵を紛失した、ベッドが破損したなどのトラブルが発覚した時点で、ホストがAirbnbに保証金支払い申請を行うことで、ゲスト側に支払い義務が発生するものです。

補償の請求を行うことができるのは、ゲストのチェックアウトから14日以内、または次のゲストのチェックイン前かの、いずれか早い方までです。申請するとAirbnbが仲裁し、必要に応じてゲストの方からお支払いを回収してくれます。

 

Airbnb保証金による賠償請求の申請方法

Airbnbサイトにログインしたあとに、上部メニューの「ホスト」> 「予約」を選びます。

予約一覧のページにてトラブルがあったゲストの「送金または請求する」をクリックすると問題解決センターに遷移します。「問題解決センター」とはAirbnbでゲストに請求したいときや送金したいときに利用するツールです。

請求する際には、事故や破損の説明、破損がわかる写真、壊された品物のレシート、代替品のレシートなど出費の証拠を集めておきましょう。「問題解決センター」で請求する際に必要になります。

請求したいゲストを選択

請求先の選択では、トラブルが発生し損害を請求したいゲストの名前を選択します。先方のゲストが請求額に合意すれば、Airbnb側で決済を処理し、受取金が送金されます。ゲストが支払いを拒否したり、72時間以内に返答がない場合は、Airbnbに仲裁を求めることもできます。

 

証拠となる写真を追加

問題解決センターは、ゲストとホストの双方が相談しながら請求や送金を行うことができるツールです。多くのトラブルは話し合いで解決しますが、ゲストの理解を得るためにも請求リクエストの裏付けとなる破損などの証拠写真、領収書などをこちらでアップロードしましょう。

 

保証金とホスト保証の違いとは?

名前が似ているため混乱を招きがちですが保証金とホスト保証は別物です。ホスト保証とはホストの所有物や住宅にゲストが損害を与えその損害額が保証金を超える場合に最高で約1億円まで補償するプログラムのことをさします。

Airbnbでは保証金やホスト保証などでホスティングをサポートする仕組みが備わっています。また、万が一問題が発生してもホストとゲストがお互いに相談して解決へ導く「問題解決センター」というツールが用意されている点も見逃せません。

煩わしい請求・送金のやりとりもすべてAirbnbを介して行うことができるのも安心できるポイントです。

 

Airbnbの保証金は設定すべき?

保証金はホストが自由に設定を行うことができるものです。ホスティングすると悩むのは保証金を設定したほうがいいのか?という点ではないでしょうか?

保証金は、宿泊予約時にゲストに実際に請求が発生するものではありません。しかし、リスティングページの詳細画面には保証金額が表示されるので、保証金を設定すると予約率は落ちる傾向にあります。

その一方で、保証金を設定することで丁寧に部屋を利用してくれるゲストによる利用が増える傾向もあります。一概には言えませんが、ラグジュアリーさを押しにしているような物件では保証金を設定しておいたほうがよいでしょう。