Airbnbの体験サービスが急成長 年間約2,000万円以上を稼ぐ体験ホストも登場

Airbnb(エアービーアンドビー)は、「体験」について2017年に予約件数2500%増と飛躍的に成長していることに加えて、新カテゴリを追加し今年中に実施都市を1,000都市まで拡大する方針であることを発表した。

2016年からAirbnbは、従来の民泊に加えて、料理教室やヨガ教室、地元ガイドによる穴場ツアーといった旅先での「体験」仲介サービスを開始していたが、すでに全世界60都市で5,000の「体験」サービスを提供しているという。

Airbnbは今年中に「体験」の展開を1,000都市以上に拡大し、イースター島やアイスランド、アラビア半島などエキゾチックな場所での提供を開始する予定。現地のエキスパートが企画するオリジナルの「体験」を通じ、ゲストが旅先のことをより深く知る機会の提供をさらに増やす。

 

年間約2,000万円以上を稼ぐ体験ホストも

Airbnbによると「体験」にはこれまで5万人以上の申し込みがあったといい、「体験」サービスの高いクオリティを保つためにユニークさとホストが持つ専門的な知識を考慮し、慎重な確認を実施している。

体験の数よりも質を重要視していることから多額の副収入を得ているホストも出てきており、最も予約の多い「体験」のホストには、年間約2,134万円(20万ドル)以上の収益を得るケースもあるという。

「体験」には地元のグルメやアート、音楽からアウトドアアドベンチャーまで、それぞれの旅先でゲストが何を得られるのかを知るためにも役立っているといい、Airbnbでは今後、人気の高い「体験」のカテゴリの増加も予定している。