日本初「泊まれる公園」が静岡県に誕生 9,000㎡の敷地を活用

住宅、オフィス、公共空間のリノベーションを行うオープン・エー(東京)が、静岡県沼津市に「泊まれる公園」のイン・ザ・パークを開業する。ドーム型テントなどの宿泊や飲食などの設備を完備。9月23日から予約を受け付け、10月7日にオープンする。

「泊まれる公園」は、旧沼津市立少年自然の家の9,000㎡に及ぶ広大な跡地を活用。自然豊かな環境を生かし、さまざまなアクティビティを提供し、宿泊と飲食施設を融合させた。新発想の複合施設で、沼津市とオープン・エーによる公民が連携したパークリノベーションだ。

イン・ザ・パークという発想は、泊まれる公園をコンセプトに掲げているのが起点になっている。遊びと宿泊、飲食施設の3要素を一つの枠組みに集約した。これによって、子ども連れのファミリー層はもちろん、大人や学生のグループなど、顧客ターゲットは幅広い。

【宿泊】
既存の宿泊棟の建屋を最大限に生かし、内部をリノベーションした。園内の森の中には、空中に浮かぶ球体型のテント4張を新設した。
【飲食】
管理等だった建屋の改修を行い、サロンとカフェ(予定)を設置した。宿泊者への食事提供に加え、一般客へのサービスを今後、検討していく。
【体験型アクティビティ】
星空観察、野草・山菜の採取、昆虫採集の自然アクティビティ、さらに写真教室、ヨガ、アロマ、ネイチャークラフトなど地元の有識者や講師を招いたワークショップの開催を予定。地元の生産者と連携したマルシェ、飲食店と連携したケータリングや料理教室などの展開も予定している。

【イン・ザ・パーク概要】
所在地:静岡県沼津市足高220-4
施設名:INN THE PARK(イン・ザ・パーク)
敷地面積:9,000㎡
客室数:宿泊棟4棟、テントエリア(ドームテント3棟、吊テント1棟)
その他施設:本館(フロント、サロン、アクティビティルーム)、屋外ダイニング、浴室
棟、工芸館、芝生広場、キャンプファイヤ―場
収容人数:40人
施設種別:簡易宿所

宿泊棟は1棟貸し切りの利用となる。宿泊料料金は1棟50,000円(税別)で定員8人。ドームテントの宿泊料金は16,000円(税別)で定員2人、吊テントが20,000円。それぞれの宿泊施設には、人数分のベッドを完備している。食事は別料金で夕・朝食で1人5,000円(税別)となる。