バルセロナ市、Airbnbなどの民泊仲介に約7,200万円の罰金

スペインのバルセロナ市は24日、宿泊プラットフォームのAirbnbと米Expedia傘下のHomeAwayに約7,200万円(60万ユーロ)の罰金を科すべく訴訟手続きを開始したとINDEPENDENTなどのメディアが伝えた。

2012年に定められた地方自治体の観光法に基づき、カタルーニャ州において旅行者へ宿泊施設の貸し出しを行う場合はカタルーニャの観光事業者登録(RTC)を行い、許可を得なければならない。

しかし、それでも違法な民泊施設は数多く存在していたことから、同市はこれまで違法な宿泊施設の対する取り締まりを強化。居住者に対しては、周りの住居が旅行者へ違法に貸し出されている疑いがある場合、通報するように促す手紙を送付。

2016年夏からはカタルーニャの観光事業者登録(RTC)に登録されていない旅行者向け宿泊施設に対する罰金の最高額を、6万ユーロから60万ユーロへと10倍に引き上げていた。

これらの厳しい取り締まりにもかかわらず、許可を得ていない宿泊施設はAirbnbで3,812件、HomeAwayで1,744件に上っており問題となっていた。

《関連サイト》
Airbnb fined for advertising lodgings without permits in Barcelona

 

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。