ホテル業界トレンド 2019 業界関係者必見!ホテル業界で普及の兆し ホテルの新潮流

ホテル業界をはじめとするホスピタリティ産業は、インターネットの普及とともに急速な変化を遂げようとしています。宿泊施設が今後生き残るためには、これまでよりも、素早く新しいトレンドを汲み取り、新しいイノベーションを率先して取り入れていかなければなりません。

ここ数年、大きな変化がなかった宿泊業界は、インターネットやスマートフォンの普及によって大きく変わろうとしています。

Airbnbをはじめとする民泊の台頭、スマートフォンの普及とともに進むホテルのIoT化、Googleが開始するホテルのボイス予約など、これらはすべてインターネットがもたらしたイノベーションです。

さらに、世界大手旅行サイトでは、分散型台帳技術であるブロックチェーンの実証実験も進められるなど、新しい技術の研究開発も進んでいます。本稿では、ホテル業界のトレンドに目を向け、2019年に特に注目すべきイノベーションを明らかにしていきます。

 

Googleでホテル予約「Book on Google」の拡大

米検索エンジン大手のGoogle(グーグル)が2018年、力を入れていたのがホテル検索のリニューアルです。2018年初めにGoogleは、スマホ版のホテル検索において、宿泊価格フィルタやアメニティに関する情報を刷新

さらに、GoogleはOTAから取得している価格データや口コミデータなどを基に解析を行い、独自の視点でのカテゴライズを行うなど、Googleユーザーがホテルを探しやすくするためのアップデートを行ってきました。

米旅行サイト大手のエクスペディア CEOは、同社のカンファレンスで「Googleは、同社にとって最大のライバル」と表現するなど、Googleは「検索エンジン」の枠を超え、宿泊業界にもその触手を伸ばしつつあります。

ホテルなどの宿泊施設は、旅行業界におけるGoogleの台頭に備えて、その動向を注視しておく必要があると言えるでしょう。

《関連記事》Googleからホテルを直接予約「Book on Google」に垣間見えるホテル検索の未来

Google 「Book on Google」 より

 

ホテル客室は、宿泊客が選ぶ時代に

スマートフォンの普及とともに、増加しつつあるのが事前チェックインサービスです。スマートフォンで事前にチェックインを行うとともに、フロア図に表示された客室番号から宿泊したい客室を自由に選択できるようにするサービスが増えています。

世界大手ホテルチェーンのヒルトン(Hilton)は、同社会員向けに提供するスマートフォンアプリ内で事前チェックインサービスを提供している他、ビジネスホテル大手のアパホテルも、会員向けに事前チェックインサービスを提供しています。

航空機の搭乗でWebチェックイン時に座席を選択するように、ホテルのチェックインの際にも自由に客室を選択できる時代がすぐそこにまで来ています。

《関連記事》ヒルトン、好きな客室を自分のアプリから選べるように

Hilton Honorsアプリ より

 

QRコードチェックイン・QRコード決済の増加

「Line Pay」や「PayPay」などQRコード決済への注目度の高まりとともに、日本のホテルでも宿泊代金の支払いをQRコードで行う「QRコード決済」に対応するホテルや、フロントでの手続きを簡素化する「QRコードチェックイン」を導入するホテルが増えてきています。

ビジネスホテル大手のアパホテルが行う「QRコードチェックイン」では、ホテル予約後にアプリから事前チェックインを行うとフロントでQRコードを見せるだけでスムーズにルームキーを受け取ることが可能です。

また、QRコード決済を導入するホテルも徐々に増えてきており、ソフトバンクとヤフーが提供する「PayPay」は、マイステイズやホテルモントレなどで導入が進んでいます。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

《関連記事》アパホテルの公式アプリが40万ダウンロード突破

アパホテル アプリ より

 

スマートフォンを鍵代わりに「スマートロック×ホテル」

スマートフォンを鍵代わりに使用するスマートロックをホテルに導入する動きが増えてきています。ディズニーリゾート内にある「アンバサダーホテル」では、宿泊客のスマートフォンをルームキーにするスマートロックに対応。

ヒルトンは2019年までに、日本国内すべての系列ホテルでスマートフォン専用アプリによる「デジタルキー」を導入する計画を発表するほか、Marriott(マリオット)も「モバイルキー」という名称で、スマートロックに対応する系列ホテルを続々と増やしています。

「モバイルキー」に対応しているマリオット系列のホテルには、Courtyard by Marriott(コートヤードバイマリオット)やMOXY HOTELS(モクシーホテル)、WESTIN(ウェスティン)などのホテルがあります。

なお、ヒルトンやマリオットのスマートフォンアプリはルームキーとしての活用にとどまらず、プールや駐車場などのエリアでも利用できるほか、アメニティの追加リクエストなどにも対応しています。

《関連記事》ホテル業界で「QRコードチェックイン」の導入が加速 スマホアプリがルームキーに

東京ディズニーリゾート・アプリ より

「Book on Google」、QRコードチェックイン、スマートロックなどこれらの新しいイノベーションがホテル業界で普及するのも時間の問題かもしれません。