LINEトラベルjp、ラブホテルなど「レジャーホテル」を掲載 休憩プランも

LINEとベンチャーリパブリックが共同で運営する旅行比較サイトの「LINEトラベルjp」は、アルメックス社と業務提携を行いラブホテルなどレジャーホテルの掲載を開始したことを明らかにした。

本提携では、アルメックスが運営するレジャーホテル予約サイト「ハッピー・ホテル」掲載の予約プラン(宿泊・休憩)をLINEトラベルjpに掲載する。

「ハッピー・ホテル」は、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイト。日本のレジャーホテル約 6,500 軒を掲載している。

LINEトラベルjpは、月間訪問 2,000 万人を超える国内最大級の旅行比較サイト。大手旅行会社を含む約 250 社の旅行プランをまとめて検索・比較できるサービスを提供している。

レジャーホテルでは、カップル以外の新たな利用ユーザー獲得に向けて、ビジネスプランや女子会プランなども提供している。アルメックスは、LINEトラベルjpへの掲載により新たな利用客の獲得を狙う。

これまで敬遠されることも少なくなかったラブホテルであるが、最近では「リゾート」をイメージした施設が続々と誕生し「レジャーホテル」と呼ばれて久しい。

大手宿泊予約サイトでもこれまでレジャーホテルの取り扱いは少なかったが、2017年に国内OTA大手の楽天トラベルが「ハッピー・ホテル」と提携し、レジャーホテルの取り扱いをスタート。

2018年には、エクスペディアグループは、訪日外国人向けポータルサイト「Loveinn Japan」を運営するアルメックスと業務提携を行い、エクスペディアグループ傘下の旅行ブランドサイトで「Loveinn Japan」に掲載中のレジャーホテルを検索・予約可能にすると発表している。

なお、世界最大のオンライン旅行予約サイトの「Booking.com(ブッキング・ドットコム)」では、以前からレジャーホテルの掲載を行っている。



.





民泊に関する無料相談はこちらから