北陸応援割

📢 予約再開
4/11(木)正午:Yahoo!トラベル / 一休

📢 対象サイト:楽天トラベル / 日本旅行 / クラブツーリズム / 近ツー / ゆこゆこ / JAL / Yahoo!トラベル / 一休 / JTB / るるぶ / じゃらん
📢 北陸応援割:更新情報X(twitter)で配信中

「全国旅行支援」は、新幹線やフライト等とセットになった旅行で 1 人 1 泊最大 5 千円を上限に旅行代金が 20% 割引になるキャンペーンで、さらに飲食店等で利用できる電子クーポンを 1 人 1 泊最大 2 千円分配布します。

全国旅行支援は、2023年6月末までを期限とする県が多くありましたが、31道県で7月以降も延長、石川県、佐賀県では、最長11月末まで延長となっています。

🔶「全国旅行支援」を詳しく知る

 

全国旅行支援など 旅行サイト別再開日程

2023 年 7 月宿泊以降

7月20日じゃらん
・佐賀
るるぶ
・三重/鹿児島
7月18日✅ るるぶ
三重/鹿児島
クラブツーリズム
・埼玉9月末まで
7月13日ゆこゆこ
・長崎/三重
じゃらん
・栃木
✅ るるぶ
・埼玉/熊本/三重/鹿児島
楽天トラベル
・三重/奈良延長
7月12日✅ るるぶ
群馬/埼玉/三重/鹿児島

全国旅行支援は、多くの都道府県で配分した予算が余るため、31 道県で、7月以降も延長となっています。

流れとしては、まず都道府県が、対象期間等の詳細を公表。その後、各旅行サイトや旅行会社にて、予約受付に向けた準備が進められます。都道府県ごとの予約受付の開始日=旅行サイトでの予約開始日ではありません。

2023 年 7 月宿泊以降(再延長分)

7月12日山口県
7月11日沖縄県
7月5日高知県(団体のみ) 
7月1日香川県
6月29日神奈川県 
6月28日奈良県/宮崎県/熊本県
6月27日岡山県/福岡県/佐賀県
6月26日長崎県
6月23日鹿児島県/埼玉県 
6月21日栃木県
6月19日静岡県(団体のみ)
6月16日群馬県/徳島県(団体のみ)
6月14日島根県

全国旅行支援は、キャンペーン期間を6月30日までとしてましたが、個人旅行は7月21日まで、一部県では、団体旅行に限定して9月30日まで延長となっています。

上記の日付は、7月以降の延長分の予約受付開始日を示しています。旅行会社での予約受付は、上記の日程以降、準備が整い次第、開始されます。

 

「全国旅行支援」予約ガイド

7月以降の全国旅行支援の延長分の予約受付が続々とスタートしています。楽天トラベルやじゃらんでは、事前にクーポン配布日が予告されています。割引予約するには、クーポン配布時間での予約がおすすめです。

また、個人旅行では7月21日を期限としていますが、県によって終了日はバラバラで、最長11月30日まで開催する県もあります。さらに、全国旅行終了後に独自の観光支援策を実施する県もあります。

全国旅行支援予約の際には、県ごとの開催状況や独自支援策の有無、旅行サイト主催の割引企画などを駆使して、予約するのがベストです。

終了しても再開可能性あり

予算上限到達し、販売を一時停止している場合でも、追加の予算申請が完了次第、再開します。また、キャンセル分のクーポンについても不定期で放出されるため、こまめなチェックがおすすめです。

🔶クーポン再販情報をTwtitterで受け取る

バスツアーのほうが開催期間が長い傾向

全国旅行支援の予算配分は、団体旅行枠(貸切バスと宿泊のセット旅行)と個人枠(貸切バスを利用しない旅行)で別予算になっています。個人枠は人気が高く、多くの県で、7月21日を期限としていますが、バスツアーでは、9月30日を期限とする県が多くなっています。

中堅旅行サイトではクーポン残あり

テレビCMをやっているような大手旅行サイトでは、全国旅行支援のクーポンがほとんどなくなっていることが多いですが、中堅旅行サイトでは、人気の旅行先でもクーポンが余る傾向があります。

🔶各旅行サイトごとの予約受付状況

 

全国旅行支援 予約時の注意点

都道府県により終了日がバラバラ

終了日時都道府県
~7/14北海道/山口/高知
~7/30石川/福井/大分/沖縄
~7/21宮城/青森/岩手/群馬
栃木/埼玉/三重/島根
長崎/宮崎/熊本/鹿児島
~7/31奈良
~10/21福岡
~10/30香川(独自割
~10/31福井(独自割
~11/30石川(奥能登)/佐賀

個人旅行では、7月21日を期限とする県が多い状況ですが、石川県や佐賀県では、全国最長となる11月30日まで全国旅行支援の延長が決定しています。

旅行先の県では、いつまで全国旅行支援が行われているかを確認のうえ、予約するのがベストです。

予算上限があるため早めの予約を

全国旅行支援は、政府の財政支援を受けて各都道府県が実施している観光需要喚起策となるため、終了日以前に予算上限に到達した場合は、新規予約が停止となります。

 

「全国旅行支援」とは

「全国旅行支援」は、1 人 1 泊最大 5 千円を上限に旅行代金が 20% 割引とし、さらに飲食店等で利用できるクーポン券を 1 人 1 泊最大 2 千円分配布します。連泊は 7 泊まで対象です。

旅行割引では、交通付(鉄道、バス、フライト付き)プランか宿泊プランかで割引上限額が異なり、交通付プランは上限 5 千円、宿泊や日帰りプランは上限 3 千円です。交通付プランのほうが割引上限額が高く設定されてます。

また、割引利用者に配布される電子クーポンは平日と休日で異なり、平日の場合は、1 人 1 泊あたり 2 千円分、休日の場合は 1 人 1 泊あたり 1 千円分を配布します。

「全国旅行支援」延長分の割引額

1 人 1 泊最大 5 千円を上限に旅行代金が 20% 割引とし、さらに飲食店等で利用できるクーポン券を 1 人 1 泊最大 2 千円分配布します。一部の自治体では、独自の上乗せ割引やクーポン配布が設定されている場合があります。

「全国旅行支援」延長分の予約開始日

多くの県で 2023 年 7 月以降も延長することが発表されており、延長分の予約受付の準備が整った旅行会社や旅行サイトから予約受付がスタートします。

繁忙期の時期となるため、人気の都道府県を中心に、予約が殺到することが予想されます。各旅行会社で発表される予約受付開始タイミングに待機し、旅行予約するのがおすすめです。

「全国旅行支援」延長はいつまで?

多くの都道府県で、6 月 30 日を期限としてきましたが、31道県で7月以降も継続開催しています。個人旅行は7月21日まで、団体旅行では9月30日を期限とする県が多くあり、最長11月末までとなっています。

「全国旅行支援」ワクチン接種証明不要に

「全国旅行支援」では、これまでワクチン接種証明や PCR 検査等の陰性証明書の提示が必要となっていましたが、新型コロナウイルスが「5類」となることを受けて、5 月 8 日から提示不要になります。

 

全国旅行支援 予約方法

全国旅行支援の割引対象プランは、キャンペーンに参加している旅行会社、オンライン予約サイトにてご予約ください。

割引適用方法は、旅行会社によって異なり、事前に対象都道府県のクーポンを取得後に予約する方法とクーポンが自動適用される方法の2種類あります。予約前には、必ず全国旅行支援の割引が適用されているかを確認したうえでご予約ください。

🔶旅行サイト各社の予約受付状況

1. 対象施設にて予約

オンライン予約サイトや旅行会社にて旅行先の都道府県が予約受付を行っているかを確認ください。「停止」や「未定」となっていないかをご確認ください。

支払情報入力画面にて、「全国旅行支援クーポン」の利用チェックがONになっているか、他に適用したいクーポンが適用されているかを確認のうえ、ご予約ください。

2. 持ち物を忘れずに旅行出発

必要書類

・旅行者全員分の身分証明書(免許証・マイナンバーカード等)

利用者は、居住地確認のための身分証明書の提示が必要です。5月8日から新型コロナウイルスが「5類」に移行となったため、ワクチン接種証明書の提示は不要となっています。

3. 電子クーポンの受け取り

「全国旅行支援」のクーポンは、電子化されました。宿泊施設のチェックイン時や、ツアー集合時に、二次元コードが記載されたクーポン台紙を受け取りください。

お手持ちのスマートフォンにて二次元コードを読み取ることで電子クーポンとして対象店舗の支払いで利用できます。

※ 電子クーポンの受け取りには、事前に公式サイトから申請手続きが必要な場合があります。

 

全国旅行支援等、今後の観光支援策

今後の観光支援策まとめ

[1]全国旅行支援
最長で2024年1月末まで開催あり
[2]自治体旅行支援
観光需要回復を軌道に乗せるため、自治体が実施(詳細はこちら
[3]旅行サイト
旅行サイトや航空会社で各種キャンペーンやセールを開催

「全国旅行支援」は、県独自の旅行支援も含めると、2024年1月以降も14都道府県で開催することが発表されています。一部、自治体では全国旅行支援の助成額を上回る支援も存在します。

さらに、楽天トラベルやじゃらんなどの旅行会社各社やANA、JALなどの航空会社各社も定期的にキャンペーンやセールを展開しており、開催日での予約がおすすめです。



.