高級ホテルの宿泊サイト「Relux」とAirbnbが提携

高級ホテル・旅館の宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」を運営する「Loco Partners」(東京)は9月4日、民泊の世界最大手サイトのAirbnb(エアービーアンドビー)と日本国内の旅館の予約業務の提携に合意したと発表した。2017年11月からサービスを開始する。

インバウンド(訪日外国人)にとって注目の日本の旅館が、Airbnbの予約のプラットフォームを利用し、より広く世界発信される。共有するプラットフォームによって日本の伝統文化、様式を身近に触れることができ、満足度の高い宿泊体験を提供できるのがメリットだ。

2016年度にAirbnbを利用したインバウンドは前年度比40%増の400万人を突破。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、右肩上がりの需要が期待される。今回の提携の背景は、加速を続けるインバウンドの宿泊需要に応えるため、Reluxが持つ上質な日本の旅館を提供することが目的。

Reluxでは、Airbnbとプラットフォームを共有することによって、「旅館の提供」→「世界のゲストへ発信」という互いの長所をさらに増強させ、ベストパートナーになることを狙いに掲げる。

Reluxでは、Airbnbのコンセプトに適合する旅館施設を厳選する。日本文化を体験できるようなユニークな旅館などを豊富のデータの中からピックアップ。初来日からベテランゲストまでインバウンドの顧客ニーズに最適な宿をAirbnbのプラットフォームを活用して掲載していく。

Loco Partnersは、2011年9月に設立。一流ホテル・旅館にターゲットを絞った会員制宿泊予約サイトのReluxを運営している。日本全国のクオリティーの高いホテルや旅館を、旅行のプロによる厳正な基準で紹介し、定評のある宿泊予約サイトだ。

Airbnbは2008年8月に創業。宿泊地の文化・風習などの旅行体験を通じて、多くのゲストが利用している世界最大の宿泊予約サイトだ。現在、世界191カ国・地域の65,000以上の都市に、アパートや戸建て、ヴィラなどさまざまなジャンルの宿泊施設へのアクセスを提供している。

今回の提携によって日本文化が凝縮されている旅館を、世界各国・地域のゲストが気軽に利用できるようになりそうだ。