長崎県大村市と株式会社ソラシドエアは、長崎県大村市のふるさと納税の返礼品として「ソラシドエアで行く農家民泊の旅」の提供を8月1日か開始することを発表した。

「ソラシドエアで行く農家民泊の旅」は、寄附額15万円の納税者に対しソラシドエア東京~長崎間の往復航空券代、宿泊代(農家民泊又はホテル)、レンタカー代を提供する返礼品。

農家民泊は、大村市グリーンツーリズム推進協議会が取り扱う宿(1泊2食体験プログラム付)で、様々な体験プログラムへの参加を通じ、農家の方とのふれあいを通じ大村市の魅力を体験することができる。また地元の旬の素材を利用の郷土料理を味わうこともできる。尚、農家民泊以外にも長崎インターナショナルホテルへの宿泊の選択も可能となっている。

大村市と株式会社ソラシドエアは、ソラシドエアが取り組む地域振興・機体活用プロジェクト「空恋」(そらこい)でともにプロジェクト機「おむらんちゃん号」を2013年11月から約1年間運行。運行終了後には包括連携協定を締結し、地域社会発展に寄与する活動を行っていた。

ふるさと納税は総務省が各自治体に返礼品競争を止めるように要請する程、人気が過熱化している。総務省の要請はあるものの、依然としてふるさと納税の人気は継続しており、大村市の新たなふるさと納税の返礼品の創設は、大村市としては観光客増加の契機となる可能性を秘めているといえそうだ。

 

大いなる可能性を秘める農家民泊=グリーンツーリズム

民泊には都会の観光客向けの都市型民泊と、田舎での体験型民泊があり、とくに後者はグリーンツーリズムとも呼ばれている。グリーンツーリズムは都市型民泊のように単に宿泊するだけではなく、滞在先で地元の人と交流を深めながら農業体験等を行うという「体験」に主眼を置く。しかしながら現在は東京や大阪を中心としてブームになっている都市型民泊と比べると、体験型民泊は盛り上がりに欠ける状況となっている。

訪日外国人観光客数は増加しているが、観光庁の発表では訪日外国人の消費額の費用項目では、娯楽サービス費は僅か3.2%にとどまる。体験等のコト消費とも言うべき娯楽サービスは、まだ訪日外国人の消費に全く火が付いていない状況なのだ。今回の大村市の試みは、日本人向けのサービスではあるものの、外国人から人気が高い棚田風景の中で、農業体験ができると言うのは日本独特の文化体験であり、今後充分外国人向けにもサービス展開可能な分野と言えそうだ。

将来的には訪日外国人向けサービスにも応用が効く農家民泊=グリーンツーリズムについて、大村市のふるさと納税での取り組みにより、国内外問わずサービスの利用が拡大することを期待したい。